読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あい言葉は「La La La」

La La La♪〜てな感じで幸せに生きている僕(嫁タイ人、うつ病歴8年)の日記です。ANAスーパーフライヤーズ会員、JALグローバルクラブ会員、One Harmonyロイヤル会員としての旅行記、元気が出ない話、嫁の話、仕事の話などの日常の雑談を、曖昧な記憶を頼りに記述するブログです。

飛行機の隣の座席がこういう客だったら嫌だ

 


飛行機に乗る時、気になることはいくつかありますが、最後の最後までわからないこととして、隣がどんな人なのか?ということです。

シャンプーのいい香りがする綺麗な女性なら嬉しいですが、酒ぐさいハゲ親父だったらがっかりです。

今日は、僕が今までのフライトで出会った隣の席の乗客の中で、特に不快だった1名を紹介します。

 

酔っ払いおじさん

2015年の3月に嫁(当時は彼女)に会いに行った帰り、バンコクのスワンナプーム国際空港から東京の羽田空港へANAで帰る際に出会った出来事です。

ラウンジで見かけたおじさん

空港のラウンジって飛行機に乗る際の楽しみの一つだと思います。むしろ機内よりラウンジの方が楽しみです。この時も、スワンナプーム国際空港のRoyal Silk Loungeでシンハビールを意気揚々と飲みながら、facebookとかに「Go back to Japan」とか「Royal Silk Rounge now」とか書いていました。

 


ですが、一つだけ不快なことがあったんですよ。

それは、
すごい飲みまくってて、声が大きいおじさんがいたことです。

独り言なのか、寝言なのかわからないうわ言をかなり大きな声で発するそのおじさん。

ビールを取りに行くたびに、倒れるのではないかというくらいに千鳥足のそのおじさん。

当時の僕は、エーゲ航空ゴールド会員になって間もない時期だったため、上級会員としての振る舞いとか服装とか気にしていた時期だっため、「あんなおじさんにはならないように気をつけよう」とか思った程度でした。

搭乗時におじさん再会

 
(写真はその時に搭乗した飛行機ではなくANAの国内線搭乗時の写真です。)


2-4-2の座席配置で、通路側のC席を押さえていた僕は「えっ〜と23Cはどこかな?」と自分の座席を探していると、知らん人が23Cに座っています。えっ!?23Cは僕の座席なんですけど・・・・

そして、その知らん人はさっきラウンジで見かけた泥酔おじさん!

僕「あの〜、そこ僕の席なんですけど?」

おじさん「はぁ〜、そないわけあるかボケェ。確認せんか!」と関西弁丸出しです。そして高圧的です。

会話の結果、なぜか席を動いてくれませんでした。

埒があかないのでCAさんに事情を話すと、CAさんにも高圧的な態度で、酔っ払いおやじの言うことには「なんで自分の横の座席が空席じゃないんだ!」と言うことでした。

なんとか、おじさんは本来の23Aへ移動。その後、おじさんの元にCAさんが「○○様、いつもご利用ありがとうございます」と挨拶に来ていましたので、ANAのダイヤモンド会員とかだったのでしょう。

そこでようやく納得です。だから態度が高圧的で、「なんで自分の隣の座席が空席じゃないんだ!」と言っていたわけですね。隣席ブロックが当たり前だったのでしょう。

なんかすいませんね。シャンプーのいい匂いのする綺麗なお姉さんではなく、僕みたいな小太り男が隣で。

飛行中もおじさんうるさいよ

 
ただ、このおじさんの話はここでは終わりません。なぜなら泥酔しているわけですから。
 
まず、飲み過ぎているので、トイレによく行きます。そのたびに僕が一旦席を立たなきゃいけないです。そのたびにおじさんは僕に足して「邪魔だ」とか「どけ」とか言ってきます。
 
知らんおっさんに「邪魔だ」とか「どけ」とか言われる筋合いはないですが、酔っ払い相手だし、僕は自分のことを聖人君子だと自負しているので、顔の表面に笑顔を貼り付けて対応していましたが、かなり悲しい気持ちになりました。
 
さらに、泥酔しているので、寝言が大きいのです。映画を見ているイヤホンを突き抜けておっさんの寝言が聞こえてきます。
 
「今の若いもんはぁ〜給料もらった分以上働かんとあかん。それすらできん。なんたらかんたら。」という寝言を何度も言っていました。
 
お前は浪速の商人か!と言うくらいに恥ずかしい、石器時代的思考なのでその寝言早く辞めてもらえないだろうか、周りの人にも聞こえちゃくぞ。とドキドキハラハラしましたが、バッチリ聞こえているようでCAさんが5回くらい水を飲むようにススメていました。
 
おっさんはA席(窓側)、僕はC席(通路側)なのですが、おっさんはトイレには何度も行くし、CAさんは水を何度も持ってくるしで、その度に僕の映画鑑賞時間を中断させられてしまうし、おっさんが嘔吐したりするんじゃないかと常に気になってしまい不快なフライトでした。


皆さんも酒の飲み過ぎには注意してください。僕は、このおじさんに会って以降は、ラウンジで酒を飲むことを一時やめました。今は飲んでいます。

こういうときどうすればいいの?

このフライトは、とにかく不快でした。
  • おじさんの発言や態度に悲しい気持ちにもなりました。
  • おじさんにまたひどいことを言われたり、ひどい態度で接されるのではと常に緊張しました。
  • おじさんが嘔吐するのではと気が気でなく疲れました。
こういうときどうすればいいんでしょう?
 
思い切ってCAさんに相談してみればよかったのかもしれませんが、僕は石橋を叩いて叩き割るほどの奥手なので、そうした行動も取ることなくフライトは終わりました。
 
やっぱり我慢するのが一番いいのかな?
 
おしまい。
 
スポンサーリンク