あい言葉は「La La La」

La La La♪〜てな感じで幸せに生きている僕(嫁タイ人、うつ病歴8年)の日記です。ANAスーパーフライヤーズ会員、JALグローバルクラブ会員、One Harmonyロイヤル会員としての旅行記、元気が出ない話、嫁の話、仕事の話などの日常の雑談を、曖昧な記憶を頼りに記述するブログです。

京都居住歴10年の僕の京都タワー初体験は大満足

京都におよそ10年くらい住んでいるのですが、実は一度も京都タワーの展望台に行ったことがありませんでした。勇気を出して初めて京都タワーを体験したのですが、かなり良い場所でした。京都観光が終わった後や行く前に、訪問した観光地や目的地の場所を確認できるので、オススメです。

スポンサーリンク
 

京都タワーはずいぶん前にリニューアルオープンしてたらしい

f:id:ronbun365:20170730130137j:plain

僕は京都市民なのに、京都タワーのビルにも入ったことはありませんでした。ただ、入り口から見える京都タワービルの1階部分の様子は、昔からあまり綺麗なイメージはなく、古い感じの内装のビルで、行きたいという気持ちにならない雰囲気でした。

しかし、知らない間に、京都タワー下のビルが京都タワーサンドという商業施設に生まれ変わり、ビル内は綺麗で新しい内装に、観光客もお土産物を選んだりと活況のあるビルに生まれ変わっていました。

そんな京都タワーの入り口がこちら。アクセスはいたって簡単です。京都駅を出て、京都タワーの方に歩いて行けば、必ずこの入り口にたどり着きます。

f:id:ronbun365:20170730125854j:plain

京都タワーの入場料は大人770円

入り口に入ると、1階にある展望台への入場券売り場を探してください。そんなに広いビルではないのですぐ見つかります。

f:id:ronbun365:20170730130429j:plain

有人の窓口と無人の券売機がありますが、どちらで購入しても同じです。

入場料ですが以下の通りです。

  • 大人:770円
  • 高校生:620円
  • 小・中学生:520円
  • 幼児(3歳以上):150円
  • 障がい者(手帳提示):350円

他にも、団体割などもあります。下の写真が京都タワーのチケットです。

f:id:ronbun365:20170730131626j:plain

展望台への行き方

チケット売り場でチケットを購入するときに、「まずは11階に行ってください」と言われます。エレベータはチケット売り場の右側にあります。

f:id:ronbun365:20170730131308j:plain

このエレベーターのドアに書かれているのが京都タワーです。11階立てのビルの上に京都タワーが乗っかっています。なので、まずは京都タワーの根元部分である11階に向かいます。

f:id:ronbun365:20170730131323j:plain

11階に到着すると、こんな感じの場所があります。こちらにいる制服を着たスタッフの方がチケットの半券部分を回収します。その後、奥に見えるエレベーターに乗っていよいよ京都タワーの展望室へ向かいます。

f:id:ronbun365:20170730131527j:plain

よってチケットは下の写真のようになります。この残り部分は記念に家に持って帰りましょう。

f:id:ronbun365:20170730131924j:plain

エレベータ内は少しがっかり・・・

京都タワーの外観を見ればわかることなのですが、京都タワーのエレベーターの中から外の様子を見ることはできません。

f:id:ronbun365:20170730132057j:plain

唯一、エレベーターの高さを教えてくれる画面があるくらいです。

タワーのエレベーターから見える、どんどん地上が遠くなって行く様子を見るのが結構好きなので、この点では多少がっかりしました。

展望台の様子

そんなこんなで、いよいよ展望台に到着です。

京都に10年住んで一度も行ったことのない京都タワー。僕でさえ行かなかったのですから、きっとガラガラなんだろうなと思っていました。

f:id:ronbun365:20170730130412j:plain

人がほどほどにいました。結構びっくりです。窓から写真を取ろうと思っても、他の人がすでにいるのでなかなかいいポジションを獲得できないくらいに人がいました。

f:id:ronbun365:20170730132552j:plain

せっかく来たからには写真を取りました。この写真は清水寺とか東山の方向です。

f:id:ronbun365:20170730132639j:plain

こちらは北側。すぐ近くにあるのが東本願寺です。御所や左大文字などなど色々見えます。

「そんなこと言われても、京都タワーから景色を見ながら、どこにどんな観光地があるかなんて京都市民しかわからないよ」と思ったあなた!大丈夫です。

f:id:ronbun365:20170730132836j:plain

上の写真のようなタッチディスプレイが何台も設置されていて、このディスプレイと景色が連動していて観光名所などの紹介もしてくれています。「今日行った金閣寺はどこかな?」「今から行く予定の東寺はどこ?」というのもこのディスプレイで探せばわかるようになっています。

もちろん、タワーの定番、これもあります。

f:id:ronbun365:20170730133110j:plain

双眼鏡です。しかも・・・。

f:id:ronbun365:20170730170135j:plain

タダで利用できます。子どもさんには嬉しいサービスだと思います。

京都タワーのたわわちゃんに遭遇

たまたま京都タワーのキャラクターたわわちゃんに遭遇しました。

f:id:ronbun365:20170730171608j:plain

たわわちゃんに会いたいと言う方は、たわわちゃんのホームページにある「たわわちゃんに会えるお出かけ情報」をチェックして見てください。普段は土日の14:05から京都タワー展望室で会えるようです。

たわわちゃん|京都タワー オフィシャルサイト

展望台からの帰り方

タワーではよくある形式なのですが、帰る際には、展望台の1つ下の階からエレベーターに乗って帰ります。

f:id:ronbun365:20170730170422j:plain

展望台の北側にこのような下の階に行く階段がありますので、そこから下の階に行ってエレベーターに乗って、11階へ戻ります。

かなりの人がそれをわかっていなかったらしく、展望台の階からエレベーターに乗ろうと並んでいる人がいて、スタッフの方が「下の階に降りてエレベーターに乗ってください」と案内していました。

ただし、車椅子やベビーカーの方はさすがに一つ下の階に降りるのは難しいので、必ずそうとは限らない運用をしているようでした。

京都タワーの夜景はあまりオススメじゃない?

夜行くよりかは昼の方がいいのではと思います。なぜかというと、たまたま他のお客さんが話しているのを聞いたのですが、どうやらその人は以前は夜に着たことがあるそうで、「やっぱり昼の方が遠くまはっきり見えるからいいね。この前来た時は夜だったから、どこがなんだかわからなかった。」と言っていました。

と言う話を聞いてしまったので、夜景も綺麗なのかもしれませんが、昼間の方が京都の景色をはっきり見ることができるのでオススメは昼です。

大満足だった京都タワー

京都タワー初体験の感想はと言うと、大満足でした。見たことのない角度から自分の住んでいる街を見るのって意外に楽しかったです。

個人的に感じたのは、京都タワーは子どもさんにかなり好評のようにも感じました。帰りのエレベーターで、おじいちゃんとおばあちゃんに連れたお孫さん(男の子)と一緒だったのですが、男の子が「ずっと見てたけど楽しかった。もっといたかった」と嬉しそうに話していたのがすごく印象的でした。

歴史都市・京都に行ってまでタワーに登るなんて・・・とか思っていましたが、京都タワーはかなりオススメスポットだと思います。

おしまい

スポンサーリンク
   

あわせて読みたい記事

www.aikotobahalalala.com

www.aikotobahalalala.com