あい言葉は「La La La」

La La La♪〜てな感じで幸せに生きている僕(嫁タイ人、うつ病歴8年)の日記です。ANAスーパーフライヤーズ会員、JALグローバルクラブ会員、One Harmonyロイヤル会員としての旅行記、元気が出ない話、嫁の話、仕事の話などの日常の雑談を、曖昧な記憶を頼りに記述するブログです。

JALで行く大阪-東京。ANAとほぼ同じ!?

f:id:ronbun365:20170622155402j:plain

いつもは比較的ANAを利用することが多い僕がJAL普通席で大阪から東京へ行ってきました。詳しいことはわかりませんが、どんなフライトだったのかを、ANAとここが違うのかなと感じた点などを話したいと思います。

チェックイン

f:id:ronbun365:20170622155420j:plain
 

伊丹空港のJGCカウンターです。僕はJGC会員なのでここでチェックインです。ANAのプレミアムチェックインカウンターは2階の保安検査場横にありますが、JGCカウンターは1階にあります。 

JGC会員なら写真右側のJGCカウンターが使えますが、その左側にはファーストクラスのカウンターがあります。ファーストクラスカウンターを使えるのは国内線ファーストクラス利用者やダイヤモンド会員の方なんでしょうか?そこまでのことは知りません。

ここでマイレージカードを提示し、紙の搭乗券を発券してもらいました。

アメックスミールクーポン

 アメックスを持っている人は伊丹空港を利用するとき、アメックスブースに行けばミールクーポンがもらえます。だいたい1000円分くらいの食事券となります。

ただ、アメックスブースはANA側のターミナルにあるので、JAL側からだと少し移動が必要です。今回はあまり時間がなかったのでもらいに行きませんでした。もしもANAを利用していたらアメックスミールクーポンをもらって朝食を食べたと思います。

保安検査場

f:id:ronbun365:20170302142312j:plain
 

保安検査場です。写真のように優先レーンと普通の人レーンに分かれています。さらにいうと、ワンワールドエメラルドやダイヤモンド、JGCプレミアの方は別のラウンジ直通と思われるレーンがあります。

こういう優先サービスに慣れてしまうと、アライアンス非加盟航空会社や非提携航空会社、スカイチーム系航空会社などを利用するときにJALやANAのステイタスは一切力を発揮しないので、そういう航空会社を利用するときに不便に感じるんだろうなと思います。

僕の周りには、デルタアメックスゴールドと呼ばれるクレジットカードを作って、ワンワールドのJAL、スターアライアンスのANA、スカイチームのデルタの3つのアライアンスで上級会員を取得しているツワモノもいますが、僕はそこまではいらないかな。

ラウンジ

f:id:ronbun365:20170302142732j:plain
 

 サクララウンジの入り口です。実はJGC会員になって初めて利用するので入室前はドキドキしていました。だって、受付を入って右に行けばいいのか?左に行けばいいのか?などの室内の構造を知りませんから。

例えば、ラウンジ内のトイレの場所もドリンクバーの場所も知らないので、トイレに行こうと思ったらラウンジ内をうろうろしなければならないし、周りの人から見たら「この人初めてきた人なのかな?」と思われるかもしてません。それはなんか恥ずかしいです。スマートなJGC会員を演じたいですから。

f:id:ronbun365:20170302142927j:plain
 

ラウンジ内部です。受付で搭乗券をスキャンして右側にラウンジスのソファーなどのスペースがありました。受付左側がトイレとかがあるんでしょうか?トイレに行かなかったので知りません。

伊丹空港のANAラウンジには窓があって開放感がありますが、JALサクララウンジは窓がなく狭く感じます。実際、狭いんだと思います。

僕はそもそも国内線ラウンジに10~20分くらいしかいない人なので別に狭くても文句はないですが、ラウンジに関してはANAラウンジの方がいいかなと思いました。

搭乗券、保安検査証、ご登場案内の紙

ANAでは搭乗時に以下の3つの紙が出てきます。

  • チェックインカウンターで搭乗券。
  • 保安検査場で保安検査証。
  • 登場ゲートでご登場案内。

ところが、たったの一枚しか出てきませんでいた。

  • チェックインカウンターで搭乗券。
  • 保安検査場では、なにもありませんでした。
  • 登場ゲートでは、なにもありませんでした。

飛行機に乗るときできるだけ手荷物を少なくしたいので、紙がたくさんになってしまうANAより、少ないJALの方が便利だなと思いました。

なぜ、JALでは保安検査証、ご登場案内がないのか?逆に言うと、なぜANAでは保安検査証、ご登場案内が必要なのか?よくわかりません。

両社とも揃えた方が間違えやトラブルが少なくなっていいと思うんだけどなぁ。

優先搭乗

平日のANA伊丹-羽田便だと、優先搭乗する上級会員(ダイヤモンド、プラチナ、SFC)の数が一般客より多い気がするくらいに優先搭乗は長蛇の列になりますが、今回のJAL便は日曜日ということもあってかさすがにそこまではなかったです。それでも優先搭乗の列はできていましたが。

僕は、スーツケースを機内に持ち込む人なので、自分の座席上のコンパートメントを確保するために優先搭乗を利用しています。

シート

f:id:ronbun365:20170302142739j:plain
 

機内の様子はこんな感じです。さすがにANAとJALで違いはありません。

ただ、僕は今回利用しませんでしたがJALだとクラスJという座席幅、座席間隔の広い座席があります。しかも普通席の座席たったプラス1000円です。ANAには基本的にそんな座席は存在しません。普通席かプレミアムクラスという値段の高い座席だけです。

たった1000円で快適になれるので、この点ではJALの方がいいなと思いました。

機内サービス

f:id:ronbun365:20170302143124j:plain
(機内インターネットに接続した際のiPadのキャプチャ)

 JAL国内線は機内インターネットが無料で使える点はANAより何倍もいい点だと思います。ずっと機内ではネットをしていました。

以前は、15分間だけ無料ということで、15分の制限時間になったらブラウザをリセットして再度接続するということを繰り返すことで実質無制限に機内でインターネットできていました。

でも、今はそういうことをしなくても時間無制限にインターネットできます。なぜなら2017年8月31日まで時間無制限の機内インターネット無料キャンペーンをやっているからです。

機内だと、そのほかの点ではANAもJALも変わらないよね!と思います。

到着後

f:id:ronbun365:20170302142836j:plain
(今回のフライト。着陸の瞬間に開いた頭上コンパートメント右中央)

全然関係ないのですが、今回のフライトで、飛行機がちょうど着陸した瞬間に、ガタンと頭上コンパートメントが開きました。幸い中身はなにも出てこなかったのですが、それに気づいたCAさんが、飛行機がある程度低速走行になった時に開いたコンパートメントを閉めに来ていました。

一方で、ANAでも同様のケースに遭遇したことがあるのですが、誰も締めに来ることはなく、結局ベルトサインが解除されるまで閉められることはありませんでした。

f:id:ronbun365:20170302154054j:plain
(ANA搭乗時。着陸の瞬間に開いた頭上コンパートメント)

まとめ

JAL派になるか、ANA派になるかは永遠の課題ですが、僕はANAプラチナステイタスが間も無く終了なので、しばらくはJAL派として生きて行こうと思います。

 
おしまい。

スポンサーリンク