特典航空券ではラウンジ入室拒否?SFC家族会員の嫁に起きた事件

SFC家族会員の嫁がANAマイルで発券した特典航空券で、バンコクから日本に帰国してきましたが、その際に利用したタイ航空ロイヤルシルクラウンジで受付で入室を断られました。結果的には入室できたのですが、とても不快な出来事だったようで嫁の怒りは凄まじかったです。特典航空券だから起きたのか?SFC家族会員だから起きたのか?原因はさっぱりわかりませんが紹介します。

スポンサーリンク

空港に迎えに行くと機嫌の悪い嫁

先日、タイから日本に帰国した嫁は、関空の到着ゲートから出てきた時、すごく機嫌が悪かった。そして帰りの関空特急はるかでなぜ機嫌が悪いのかについて激しく語った。

嫁の属性はこんな感じ。

  • SFC家族会員。
  • SFCのマイレージカードは携帯していない。
  • SFCのクレジットカードは携帯している。
  • スマホの提示用デジタルカードは持っている。
  • SFC会員(スタアラゴールド)として初めての飛行機利用。
  • 初めての特典航空券利用。
  • タイ国際航空を利用。タイ国際航空はしょっちゅう乗っている。
  • タイ人。

あれれ?から始まったスワンナプーム国際空港でのチェックイン

話は、タイ・スワンナプーム空港のチェックインから始まる。スタアラG専用のBカウンターでチェックインし、荷物にも優先タグが付けられていたそうだが、搭乗券にスターアライアンスのステータスやラウンジインビテーションの記載がなかったそうだ。

嫁は、スターアライアンスゴールド会員だと搭乗券にNH*GとかInnvitation to *** Loungeとか記載されるのを知っていたのでinstagramやfacebookにアップロードして自慢しようと思っていたそうだ。「変だなぁ」と思いチェックインカウンターのスタッフに聞いたところ特典航空券だから記載されないとのこと。

スタッフさんの言ったことが真実かどうかはわからないので、情報提供が必要だけど、搭乗券に会員種別が記載されていないと不便なことがいくつかある。

  • 出国やセキュリティーチェックの優先レーンを使用するたびにマイレージカードを財布から取り出さなければならない。
  • ラウンジでもマイレージカードを提示しなければならない。
  • 優先搭乗でもマイレージカードを提示しなければならない。
  • パスポートに出国カード、マイレージカード、搭乗券、iPhoneなどなど、あれくらいの大きさのものをたくさん手やポケットに持つことは結構不便である。

まぁ嫁はSFCとして初めての飛行機利用なのでそういうことの心配は一切せずに久しぶりに僕に会えることの喜びいっぱいの状態で、免税店でショッピングをし、そしてタイ国際航空のラウンジへ行ったそうである。

スワンナプーム国際空港

(スワンナプーム国際空港の展望台から撮影したカウンターの写真。関空などと比べるとはるかに大きい空港である。)

スワンナプーム国際空港、制限エリア

(制限エリアに入ってすぐの空港の様子。もちろん制限エリアも関空と比べるとはるかに大きい。)

ロイヤルシルクラウンジ入室拒否!?

レガシーキャリアと呼ばれる航空会社はファーストクラス、ビジネスクラス、自社上級会員、提携会社上級会社の方に色々なサービスを準備している。

ラウンジと呼ばれる待合室もその一つで、中には軽食と飲み物、ソファー席やビジネスマン向けのデスクなどがある空間が用意されている。そして、僕みたいなギリギリで上級会員になれたような凡人にとって、飛行機に乗ること=ラウンジに行くことといっても過言でないくらいに大切なサービスの一つとなっている。

そのラウンジを使える条件は色々あるのでここでは説明しないけれど、嫁はSFC家族会員なのでスターアライアンスのゴールド会員として扱われ、ラウンジが利用できる。

そして、この特典は僕と結婚したことによって嫁が獲得したものである。もし、僕がSFC会員でなかったなら、結婚してくれなかったかもしれない。なわけないか・・・

それはともかく、嫁は初めてのラウンジで、これこそ写真を撮ってinstagramやfacebookに載せて、友達に自慢しようと思っていたそうである。

使用したのはCゾーンにあるタイ国際航空ロイヤルシルクラウンジである。ここはスターアライアンスゴールド会員が使用できるラウンジになっている(と記憶している)。

(スワンナプームにはビジネス利用者しか使えないラウンジもあったと思うの注意が必要。)

ロイヤルシルクラウンジ入口

(ロイヤルシルクラウンジの入口。なぜか入口ではなく、ラウンジ前の通路を撮影)

ついにラウンジ入り口に到着。ドキドキしながら受付に、搭乗券とiPadのANAアプリの提示用デジタルカードを提示したところ、デジタルカードには一切目を向けずに、搭乗券だけをチェックされ、かなり厳しい口調で、

入室を断られる

嫁:「いや、それはおかしい。夫は使えると言っていたのに・・・」とデジタルカードを指差して説明する。

受付A:「?。いやこれはANAでしょ?」という意味わからんことを言う受付。

嫁:「いや、だからゴールド会員なんだよ!」と再度言う。

受付A:「搭乗券にステータスの記載がない。そして、このデジタルカードの保有者はあなたではない」とのこと。

嫁は、空港とかマイルとかの仕組みをよく知らないので、この時嫁に非があるのかもしれないと少し思ったそうである。なぜなら、この搭乗券は特典航空券だから、特典航空券独自ルールがあるのかもしれないし、彼女はSFC家族会員であって本会員ではないから、この受付Aの言うことが正しいのかもしれない。

嫁:「このカードの保有者は私です。」とデジタルカードに記載されている名前と搭乗券の名前を指差す。

すると今度は、

受付A:「いいえ、あなたではない。カードの持ち主だけが使える。ラウンジが使えるのはカードの持ち主だけである」というよくわからないことを言い出す。

この時の受付Aさんはまるで口喧嘩でもしているかのような口調で、嫁も引き下がれずにスタアラGでスタアラメンバー便を利用するのにラウンジに入れないのはおかしいということを何度も言ったそうであるが、全く理解されず、他の乗客から見れば嫁がゴネているようにしか見えない状況が約10分ほど(嫁の体感時間)続いたそうである。

入室拒否からの救世主出現

もう諦めようかと思った時、ふと財布に入っているSFC(クレジットカード)の存在を思い出したそうである。

そこで、財布からSFC(クレジットカード)を取り出して

嫁:「私がこのカードの持ち主だ!!!」と伝家の宝刀のごとく見せつけたのだが、

受付A:「あなたはラウンジは使えません」と言い放つ。

彼女も諦めてレストランで朝食を食べようと思いラウンジを出る決意をしたその時、状況が変わったそうだ。

受付Aの隣いた受付BさんがSFC(クレジットカード)を見るや「大変申しわけありません。こちらのミスです。ラウンジをどうぞ使ってください。特典航空券だったので・・・・・」と割って入ってきたそうである。

その受付Bはその後もずっと謝り続けてくれたのに、今まで対応していた受付Aはブスッとした表情のままで非常に腹が立ったとのこと。

嫁はやっとのことでラウンジに入室できたものの、そんなことがあった後では、くつろぐことも朝食を食べる食欲もなく、あまりの落ち込みようで、向かいに座っていたおじさんは嫁の落ち込みように気付いたのか、わざわざちまきとオレンジジュースを「美味しいから食べなさい」と持ってきてくれたらしい。その後、ボロボロと涙が止まらなかったそうだ。

なので、もちろんfacebookやinstagramに投稿する写真も一切撮影せず、その時の感情をそのまま日本まで持って帰ってきたわけである。

なぜこんなことになったのか、僕ならどうしたのか?

これを関空特急の中で話し終わったのは新大阪駅到着前くらいで、嫌な思い出を思い出したせいか、彼女の怒りはマックスで、ANAにメールを送ってタイ国際航空に抗議する!と誰にも止められないほど熱かった。

どうすりゃこうなることを防げたんだろうかと考えたのだが、今回の件はどうやれば防ぐことができたのかはよく分からない。

心当たりもたくさんありすぎて、でも僕自身も知らないことが多いので、どれも仮説に過ぎない。

  • 提示用デジタルカードが浸透していない?
  • 特典航空券だとこうなってしまう?
  • ラウンジ受付Aさんのミスなのでどうしようもない?

もし僕だったらどうしただろう?

まぁ、僕だったら、スワンナプームにはたくさんラウンジがあるから、受付さんと口論になる前に、他のタイ航空のラウンジやスターアライアンスメンバーのラウンジに行っただろうなぁと思う。

だって、そんな口論を他のお客さんが見たらどう思うだろう?不快に思うよね。

おしまい