JAL工場見学(SKY Museum)はぜひ行ってみて!

JAL工場見学(SKY Museum)に行ってみました。関西圏に住んでいる僕にとって東京で行われているJAL工場見学の予約は結構難しく、東京に行く直前で奇跡的に空きを発見、めちゃくちゃワクワクして行ってきました。

スポンサーリンク

地方居住者には難しいJAL工場見学(SKY Museum)の予約

そりゃそうでしょうということなんですが、地方居住者がJAL工場見学を予約するのはかなり難しいです。なぜかというと、JAL工場見学は東京で行われていて、そして予約は常に埋まっています。

地方居住者が予約を取るには二つのキセキが必要です。

  1. 東京に行くプライベートな用事がある。
    当然ですが、出張とかビジネスの用事ではJAL工場見学に参加するのは難しいです。工場見学は勤務時間と同じ時間帯(10時から16時ごろ)に行われています。勤務後のアフターファイブに工場見学に参加することはできません。なので、プライベートな旅行とかで東京に行く必要があります。
  2. 東京に行く日に、JAL工場見学予約に空きがある。
    これも当然ですが、東京に行く日に、JAL工場見学の予約に空きがなければ予約ができません。完全予約制なので、当日ひょっこり行って、「当日枠でお願いします」とか言っても当日枠はないので、予約が必要です。

この2つのキセキが重なった時、JAL工場見学に参加できるのですが、予約の空きが全然ないのが普通です。

例えば、来月2017年の4月の予約空き状況を調べてみると、以下の画像のように、×印しか表示されません。東京に行く機会があっても、予約を取れる可能性はかなり低いのです。

f:id:ronbun365:20170308164222p:plain
(2017年4月の空き状況。画像元:空き状況確認ページより。)

予約は直前のキャンセル狙いがオススメ

予約が取れるか取れないかわからないJAL工場見学のために東京に行くことはあまりオススメできません。でも、「東京観光に行くついでに、もしかしたらJAL工場見学ができたらいいな」くらいの心構えであれば、オススメする予約方法があります。

それは、直前キャンセル狙いです。

実は、JAL工場見学空き状況を調べるとすぐにわかることなのですが、直前になればなるほど1〜4名程度の空きが発生する傾向があります。

例えば、このブログを書いている今は2017年3月8日ですが、2017年3月の空き状況を調べると以下の画像のようになっています。

f:id:ronbun365:20170308165025p:plain
(2017年3月の空き状況。画像元:空き状況確認ページより。)
だいたい1週間後くらいの工場見学にポツポツと空きが発生していることがわかります。

なぜ直前期に空きが発生するのか正確なことはわかりませんが、おそらくは急遽参加できなくなった方や団体が発生したことによるキャンセルではないかと思います。

なので、「来週、東京に行くんだよね〜。なんかちょっと変わったところに行きたいね〜」なんて思った方は、ぜひJAL工場見学に空きがないかを確認してみることをオススメします。

うまくいけば、直前のキャンセルで空きがあるかもしれません。

JAL工場見学はこんな感じ。

普通、こういうブログでは撮影してきた写真をたくさん掲載するのですが、僕のブログでは僕が撮影した写真は掲載しないことにしました。

理由は、2つあります。

  1. JAL側から、いくつかの写真についてはインターネットへの掲載をしないで欲しいと言われているからです。掲載してもいいよという写真もあるのですが、この写真はOKなのか、これはNGなのかがよくわからないので・・・
  2. そして何より、こういうのは、ブログで写真を見て楽しむものではなく、実際に現地に行って自分の目でその迫力を感じたりするのが一番ワクワクするのかなと思うからです。なので写真はあえて載せません。

なので、大まかな流れと感想だけ紹介します。

1部:展示コーナー

f:id:ronbun365:20170308171234j:plain
(画像元:https://www.jal.co.jp/kengaku/facility/img/pic_tour_1_02.jpg
学会のポスターセッションもこれくらいワクワクできたらいいのにと感じました。そして、全部を体験したり見るのに時間が足りません。制服の試着体験はやった方がいいと思います。嫁はJALのCAさんになれて大喜びでした。

2部:航空教室

f:id:ronbun365:20170308171436j:plain
僕が参加したのが日曜日ということもあり子どもさんが多く、子ども向けの内容でしたので物足りなく感じました。なので講義中は、講義後に行われる格納庫見学のことを考えすぎてワクワクしすぎてあまり内容が入ってきませんでした。

3部:格納庫見学

f:id:ronbun365:20170308171544j:plain
(画像元:https://www.jal.co.jp/kengaku/facility/img/pic_tour_4_06.jpg
やっぱり飛行機はでかかったです。また、ガイドの方が飛行機のセンサーや翼の仕組みなどを解説してくれるのですが、航空工学出身者でない僕にとってもその豆知識はいつまでも聞いていられる内容でした。あと1時間くらいは解説を聞きたかったです。

まとめ

JAL工場見学の感想というと、ここ最近の出来事の中で一番楽しかったです。そして、楽しい時間は過ぎるのも早く、時間が全然足りないというのが感想です。

また、旅が好きな方や、特に飛行機を使った旅が好きな方にはオススメだと強く言えます。JAL工場見学は土日もやっているので。

最後に、東京の人が羨ましいと思いました。距離的に気軽に工場見学に行けますから、地方の人は、やっぱり厳しいものがあります。伊丹とかでもやらないかなぁ。

おしまい。

スポンサーリンク

フォローする