タイ国際航空A380ビジネスクラス(スタッガードシート) バンコク〜成田の旅

少し前にバンコクに行ってきました。往路はANAプレミアムエコノミー。復路はタイ国際航空ビジネスクラスでした。その復路での話です。深夜にバンコクを発ち、早朝成田に到着。斜め前のおばさんが・・・。機内食が・・・。などなどの話です。

スポンサーリンク

ビジネスクラス専用のチェックインカウンターがあるスワンナプーム

僕は関西圏に住んでいるので、使う空港といえば関空、伊丹になります。そして、関空や伊丹は成田空港のような大きな空港ではありません。なので、スワンナプームや成田空港のように搭乗するクラスごとにチェックインカウンターが別れているというのは新鮮です。

スワンナプームでは、タイ国際航空のファーストクラス、ビジネスクラスに搭乗する場合、空港に入って左側に、それぞれ専用のチェックインカウンターが用意されています。

タイ国際航空ビジネスクラス、ロイヤルシルククラスチェックインカウンター

写真はタイ国際航空ビジネスクラスのチェックインカウンターです。黒い四角い物体は椅子です。チェックインするだけなのに椅子が用意されているのです。ファーストクラスならわかりますが、ビジネスクラス程度で椅子まで用意する必要があるのか?この椅子を利用したのは30秒ほどで、必要ない気もします。でも、家族連れとか荷物が多いとチェックインに時間がかかるので、必要な人もいるのかもしれません。

ラウンジはやっぱり人が多い

チェックインを終えると、保安検査場を通過して、いよいよ出国。そして、空港の楽しみの一つであるラウンジです。

タイ国際航空ビジネスクラス専用の保安検査場、出国審査場へ

先ほどのチェックインカウンターですが、専用の保安検査場に繋がっていて、専用の出国審査場に繋がっています。そして、ラウンジに繋がっています。なので、ラウンジはどこかな?と探す必要がありません。

(画像元:http://www.thaiair.co.jp/travelinfo/about/img/spa_photo10.jpg

そして、このラウンジはロイヤルシルクラウンジと呼ばれています。タイ国際航空のビジネスクラスに搭乗する人だけが使えるラウンジだそうですが、僕が利用するときはいつも劇混雑です。スターアライアンスゴールド会員というだけでは使えないはずなんですが、今回もまるで日本のANAラウンジみたいに混雑していました。

タイ国際航空ビジネスクラス、ロイヤルシルクラウンジの軽食

夕食を食べていなかったので、夕食を食べることに。それなりに、ほどほどに食べました。

Pantipというタイで有名なウェブサイト(掲示板?)があるのですが、最近そのウェブサイトで、スワンナプームでタダメシする方法というのが紹介されていました。

どうやら、僕が使ったロイヤルシルクラウンジ以外のタイ国際航空のラウンジ(ロイヤルオーキッドラウンジ?)は、タイで発行されている一部のクレジットカードを提示することで入室ができるらしいです。だから、ロイヤルオーキッドラウンジはいつも混雑しています。とは言っても、今回はビジネスクラス利用者のラウンジも混雑でしたが・・・

ビジネススタッガードシートへ

寝るまでの準備とかしたかったのと、せっかくのビジネスクラスなので1秒でも機内に長くいたいという気持ちとで、堂々と優先搭乗を利用しました。

タイ国際航空ビジネスクラスの座席(スタッガードシート)

今回使用したのは窓側の座席です。スタッガードシートは全席通路に直接アクセスできるので、窓側の方が景色も見れるし、机が壁のようになって個室感を醸し出してくれるので、窓側が断然いいと思います。

ただ、深夜発の便なので真っ暗な夜空ばかりしか見れませんでした・・・。

タイ国際航空のビジネスクラスの足元

座席から見える景色はこんな感じ。おデブの僕にも広い快適さです。そして、何と言ってもフルフラットになるのがいいですね。

タイ国際航空ビジネスクラスのテーブル

テーブルはこういうスタイル。ANAにもビジネススタッガードシートがありますが、テーブルとか、座席の配置とか、違いが色々あるもんだなぁ〜と思いながら、キョロキョロと不審者のように周りの様子を見ていました。

タイ国際航空ビジネスクラスのリモコン

リクライニングを調整するボタン。初めてビジネスクラスに搭乗したとき、ボタンが多すぎて一番気持ちいいい状態を発見するのに時間がかかりました。今でも、少し戸惑います。

なぜなら、エンターテイメントのリモコンと違い、リクライニングを調整するボタンは座席横に固定されていて、機内は暗くて、見えづらいのです。

もっとわかりやすいシステムはないものかと思います。

タイ国際航空ビジネスクラスのウェルカムドリンク

搭乗後は、CAさんが飲み物を提供していたのですが、持っていたお盆には水かオレンジジュースしかなさそうでしたので、オレンジジュースを飲みました。

タイ国際航空ビジネスクラスのブランケット

思わず持って帰りたくなったブランケット。もちろん持って帰ってはいないですよ。でも、航空会社のロゴ入りってかっこいいですよね。

ずっと気になった斜め前のおばさん

搭乗後は気にならなかったのですが、フライト中にトイレへ行ってからずっと気になったおばさんがいました。

タイ国際航空ビジネスクラス機内の様子

写真左側のおばさんです。

この方、終始写真の状態だったんです。

どういうことかというと、普通なら、ビジネスクラスで、フルフラットにもできて、深夜発の早朝到着なのですから、フルフラットにして睡眠すると思います。

ところが、この方、なぜか、一切リクライニングさえしないのです。ずっと同じ角度のまま。

トイレに行く時に見ても、途中気になったので見ても、7,8回くらい見たと思うんですが、1度もリクライニングを使っているようには見えませんでした。

リクライニングを使わなかったら、タイ国際航空から表彰される!とかあるんでしょうか?それとも、修行の一貫?

とにかく、謎でした。

朝食が、美味しくない・・・

ビジネスクラスといえば、機内食!エコノミーとは違い、ちょっと凝った食事が出てきます。

なので、実はワクワクしていました。

が、う〜ん。エコノミーの方が美味しかったのでは?と思うような感じでした。

タイ国際航空ビジネスクラスの朝食

美味しいけど、やっぱり機内食といえば、油ギトギトのハイカロリーそうな濃い味じゃないと、機内食な気がしません。

僕には、ビジネスクラスは合ってないんだなと感じながら、朝食を食べました。

ビジネスクラスでも、やっぱり疲れる

タイ国際航空ビジネスクラス搭乗の際の預け荷物

到着です。預けていた荷物にはCクラスを利用したことを示すCというタグが付いていました。

この後、バスで成田から羽田に移動し、羽田から伊丹へ帰りました。

バンコク-成田間はフルフラットで十分寝られたのですが、それでも疲れました。

まだ30歳なのに、体力がなくなったみたいで、もうクタクタです。

おしまい。