高桐院は2019年3月まで拝観休止中とは知らなんだ・・・

大学時代の友人が京都に来るということで、京都を案内することにしました。今は7月の真夏ですから、人も少なく、涼しいところがいいかなと思い、大徳寺の中にある高桐院(こうとういん)を選択。ここの雰囲気は結構オススメなんです。でも、結果から申しますに、高桐院は休館中(〜2019年3月)でして、無駄に疲れただけでした。

スポンサーリンク

久しぶりに京都に来る友人に最適な高桐院

その友人は大学時代の友人で、僕と同じく京都に4年間住んでいましたので、京都についてはある程度知っています。

そんな友人と朝10時ごろに大学のキャンパスで集合し、新しくなったキャンパスを紹介したり、タイ料理屋で昼食を食べたりして午前中は過ごしました。

昼食後に、ちょっとだけ京都観光をすることになったのですが、ひさびさに京都に来た友人には、以下のようなリクエストがありました。

  • 清水寺や金閣寺などの有名どころは何度も行ったことがある
  • 真夏で暑いので、そういう有名どころの観光地を歩くのはしんどい
  • どこかいい場所はないだろうか?

僕がすぐに思いついたのが、高桐院でした。

高桐院についてはgoogleの画像検索で調べるとどんな場所なのかすぐにわかります。

文字で特徴を表すならこんな場所です。

  • とにかく美しい風景を楽しめる
  • 竹林に囲まれているので涼しい
  • が綺麗で静かでリラックスできる
  • あまり有名でない(最近は超有名?)

そんな要素を持った場所です。大徳寺の高桐院は秋は紅葉が綺麗ですが、夏は緑が綺麗です。つまり、大徳寺の見所と言えば高桐院なのです。

だた、最近は超有名になったためか、かなり人が多くて賑やかな時もあります。御朱印とかがブームだから高桐院にもたくさん人が押し寄せているのか?それとも、インバウンドなのか?僕にはわかりません。

僕「よし!だったら、めちゃくちゃいい場所があるから、そこに行こう!」

こうして僕と友人は高桐院を訪問することに決めました。

真夏の京都、高桐院までの道のりは結構しんどい

高桐院のアクセスはそんなに難しくないです。最寄のバス停は大徳寺です。京都駅から205号系統の市バスに乗りましょう。50分くらいかかります。そこから大徳寺まで歩きます。そして大徳寺の中も歩き、バス停から高桐院までは約700メートル、徒歩10分の道のりです。

高桐院がある大徳寺の入口

大徳寺にはいくつか入り口があるのですが、今回は南側の入り口から入りました。道の両側に木々があるものの、道部分には影一つありません。7月の真夏ではさすがに暑いです。

高桐院に向かう途中の大徳寺内の道

大徳寺内の道を歩き、高桐院を目指すのですが、とにかく暑い。10分間しか歩いていなのに、汗だくだくです。ここまでしんどいとは・・・。でも、大徳寺と言えば高桐院の庭なのです。高桐院で抹茶でも飲もう。高桐院では別料金を払えば抹茶が提供されます。

そんな10分間の徒歩を終えて、ようやく高桐院の入り口に到着です。

高桐院の入口

高桐院拝観休止中という悲報

「なんかひっそりしているなぁ〜」と思って、入ってみると、こんなものが目に入って来ました。

高桐院 一般拝観休止のお知らせ

なんとかかんとかの工事のため

平成29年6月7日より平成31年3月31まで

エッ!!高桐院が工事?平成29年??それって、今年じゃない?6月7日からって、今はもう7月・・・つまり・・・今はもう閉まっている!!??

高桐院拝観中止の知らせ

そうなんです。高桐院の庭でのんびりリラックス。なんてしばらくできません。

2017年6月から2019年3月31日までの約1年半に渡り、高桐院は拝観休止中。

中には入れません。

来る前に拝観や開館に関する情報を調べるべきだったと後悔です。

大徳寺には高桐院以外にも庭が有名な場所があるとは思いますが、とにかく暑いので探索はしません。その後は、大徳寺を通り抜け、別のバス停から四条河原町に行ってかき氷を食べました。

大徳寺観光については炎天下の中20分ほど歩き、高桐院拝観休止中と知ってどっと疲れただけでした。

おしまい

スポンサーリンク

フォローする