新千歳空港のJGC向け優先サービスは優秀!JAL3106便で名古屋へ

札幌旅行も終わり、新千歳空港から名古屋へ帰ります。新千歳空港までの快速エアポート、新千歳空港のJGCカウンター、JGC用の保安検査、サクララウンジ、JAL3106便で中部国際空港へ、そのあたりの話です。中部国際空港や伊丹空港と比べて、新千歳空港のJGC向け優先サービスは良い点が多くて、カウンター、保安検査場、サクララウンジ、優先搭乗のどれをとっても良い点ばかりでした。

快速エアポートで新千歳空港へ

札幌から新千歳空港へはいくつかの手段があります。

  • JR:1,070円
  • バス:1,030円
  • タクシー:不明・・・

僕はバスが嫌いです。理由は酔うからです。バスしかアクセスがない空港はしんどいですね。

ということで、こちらに乗りました。

新千歳空港行き快速エアポート

関西空港や中部国際空港の場合、一部座席指定の電車、自由席でも特急料金が必要な電車があります。

新千歳空港のアクセス線では・・・。

  • Uシート(指定席):プラス520円
  • 自由席:プラス0円

平日の通勤時間後ということで、混雑していないと予想して自由席を選びました。

その自由席がこちら。

新千歳空港行き快速エアポートの自由席

搭乗率80%くらいで、嫁と僕も自由席に座れました。

40分ほどすると新千歳空港に到着です。

JR新千歳空港駅

新千歳空港のJGC専用のカウンターと保安検査場

中部国際空港のJGCカウンターは小さかったですし、他の地方空港でもJGCカウンターがしょぼい空港は多いそうです。

新千歳空港には立派なJGCカウンターがある!

空港に到着したら一番にすることといえばチェックインなので、JGCカウンターに行ってみると・・・。

新千歳空港のJGCカウンター

新千歳空港のJGCカウンターが上の写真なのですが、ちゃんとしたJGCカウンターがありました。

雰囲気がかっこいいの一言です。

新千歳空港にはJGC専用の保安検査場もある!

先ほどの写真の左のカウンターでチェックインをしたら、右側にある入口へ進むと、専用の保安検査場があります(中部国際空港の保安検査場には優先レーンすらありません)。

保安検査場に進む途中にはこういうJGCのロゴがデカデカと掲載されていました。

新千歳空港の保安検査場にあったJGCロゴ

保安検査場内は撮影禁止なので、写真はありませんが、ごくごく普通の保安検査レーンが1つあるだけです。

保安検査場を出ると制限エリアです。

下の写真は、JGC専用の保安検査場の出口の写真。

新千歳空港のJGC専用保安検査場の出口

知らない人はこれが何の扉なのか全くわからないですね。

僕も航空会社の上級会員の仕組みを知る前は、上級会員は別のルートを通って制限エリアに入ってくるなんて、全然知らなかったです。

チェックインから保安検査場まで、JGC向けに優先レーンがある新千歳空港はいいですね!

新千歳空港の国内線サクララウンジはすばらしい

空港に来れば必ず行くところといえば?

みんな大好きラウンジ!

僕の目的地もサクララウンジです。

新千歳空港のサクララウンジの場所、行き方は?

なぜなら、保安検査場を出た場所にこういう案内板があります。

新千歳空港のJGC専用保安検査場出口にあるサクララウンジへの行き方に関する案内板

新千歳空港にはダイヤモンド・プレミアラウンジもあるんですね。

この指示に従って、右へ行けばサクララウンジが見えてきます。

新千歳空港のサクララウンジの入り口

中に入ると、エスカレーターがあるので上に上がります。

新千歳空港のサクララウンジへの受付前にあるエスカレーター

そこに受付があるので、読み取り機にチケットをかざして入室です。

受付の左側がサクララウンジ。右側がダイヤモンド・プレミアラウンジ。

新千歳のサクララウンジは開放感があって雰囲気がいい!

中の様子は、行ってからの楽しみということで、掲載しませんが、国内線サクララウンジの中では羽田の次にいい雰囲気のラウンジでした。

新千歳空港国内線サクララウンジから見える景色

まずは一杯飲みました。

新千歳空港国内線サクララウンジから見える風景

ラウンジの一面が窓なので開放感もあり、中部国際空港のエアラインラウンジや伊丹空港のサクララウンジには窓がないため、新千歳空港のサクララウンジはそれらと比べ物にならないほどの優れたラウンジです。

USBコンセントがいいね!

これいいね!と思ったのがこちら・・・。

新千歳空港の国内線サクララウンジにあるUSBコンセント

USBを直接差し込んで充電できます。

新千歳空港国内線のサクララウンジの様子は、JALのホームページが一番わかりやすいので、興味のある方は見てください。

優先搭乗利用者が少ないJAL中部国際空港行き

ラウンジには40分ほど滞在し退室。

本日お世話になるJAL3106便を撮影しに行きました。

新千歳空港で撮影したJAL3106便

「どうぞ、今日はよろしくお願いいたします。」と心でつぶやきます。

名古屋行きは航空会社の上級会員が少ない?

下の写真は、優先搭乗が近づいてきた搭乗ゲートの様子ですが、優先搭乗を待つ人は少なかったです。

優先搭乗の行列がないJAL3106便の搭乗ゲート前の様子

結局、この写真に写ってる優先搭乗を待っている3人と僕の4人くらいが優先搭乗を利用しました。

優先搭乗中に見えたJAL3106便

やっぱり、名古屋はJR東海やトヨタ自動車などの拠点なので、みんな車か新幹線を使って、飛行機利用者が少なく、結果として上級会員が少ないのかもしれません。

JAL3106便の優先搭乗

僕は、人がすでにたくさんいる場所に、あとから入っていくということが苦手なので、優先搭乗で誰もいない機内に入るのが好きです。

優先搭乗を利用して誰もいない機内を満喫

先に搭乗し、誰もいない機内を満喫します。

まずは、いつも通り、ウィングレットを撮影した写真がこちら・・・

JAL3106便のウィングレット

AIR DOが見えますが、僕にはあまりなじみのない航空会社です。九州でいうところのソラシドエアーみたいな感じかな?

もちろん、安全のしおりも撮影しました。

JAL3106便の安全のしおり

緊急時の姿勢で、足首を手で掴む姿勢が紹介されているのですが(緊急時欄の左上の姿勢)、この姿勢ができるのは子どもだけじゃないかと思います。

そんなことをやっていたら、他の搭乗者も乗り込んできました。

一般の搭乗者

この人波と共に機内へ搭乗するのは結構なストレスだと思います。

優先搭乗する意味がわからないという方は多いですが、それでも僕は優先搭乗したいですね(羽田、伊丹、福岡とかは別です)。

出発から到着まで終始爆睡、機内サービス時だけしっかり起床

その後、飛行機は飛び立ったようですが、僕は爆睡。

途中、機内サービスで目を覚ましりんごジュースをもらいました。

JALの機内サービスで提供されたりんごジュース

鶴丸のロゴが入るだけで、1.5倍美味しくなるりんごジュースです。

そして、また睡眠。

着陸の衝撃で起床するもの、滑走路を走っている間に三度就寝。

あっという間に中部国際空港に到着しました。

中部国際空港に到着したJAL

お疲れ様という気持ちで撮影したJAL3106機(機首しか見えませんが・・・)。

まとめ

新千歳空港には、以下のすばらしい要素がありました。

  • JGCカウンターがある
  • JGC専用の保安検査場がある
  • サクララウンジに窓があり、開放感がある
  • 優先搭乗利用者が少ない(時間帯や行き先によるかも・・・)

新千歳空港って、いい空港ですね。

おしまい。