JGCとSFCの違いは?伊丹発の国内線フライトで比較

日本の2大航空会社であるJALとANAですが、どんな違いがあるのでしょうか?所属しているアライアンスが違う、売り上げが違う、保有機材が違うなど様々な違いがありますが、空港や機内でのサービスに違いがあるのでしょうか?

僕はJGC兼SFCなのでその2つの視点から、先日利用した伊丹から羽田のフライトを事例にJALとANAの違いを紹介します。一部伊丹空港発のフライトに限定した話もありますので一部の空港は当てはまらないケースが多々あるのはご了承ください。

専用チェックインカウンターあり

JGCカウンターは1階

まずは伊丹空港のチェックインカウンターから紹介です。JALの場合は、JGCカウンターが利用可能です。

伊丹空港の1階にあります。左横にはさらに上位にあたるファーストクラスカウンターがありますが、そちらは国内線ファーストクラス利用者やダイヤモンド会員が利用するカウンターなので、平JGC会員は基本的には使えません(平JGCとはJGCに入会しているけれど搭乗実績が少ない会員のことです)。JGCカウンターの混雑具合によってはファーストクラスカウンターに案内されることもあります。

ANAプレミアムチェックインカウンターは2階

ANAは、プレミアムチェックインと呼ばれるカウンターがあります。ANAの場合は普通席の乗客は1階でチェックインを受けますが、プレミアムチェックインは2階にあります。

伊丹空港のプレミアムチェックインカウンター

このカウンターはプレミアムクラス搭乗者とスターアライアンスゴールド以上の会員が利用できます。

JALの場合は最上級会員用のファーストクラスカウンター、上級会員用のJGCカウンターの2つが用意されていましたが、ANAの場合は最上級会員も上級会員もこのプレミアムチェックインを利用します。

また、JALもANAともに上級会員の同行者は優先カウンターを利用できません。最上級会員は利用できたりできなかったりと条件があります。

>>>【関連記事】ANAプレミアムチェックインを上級会員の同行者は利用できない!?

あいこと
あいこと

伊丹空港ではSFCもJGCもどっちにも優先チェックインカウンターがあります。個人的な感覚として地方空港にはJGCカウンターはなく、ANAプレミアムチェックインはあるケースが多いです。

保安検査場に優先レーンあり

JALはJGCカウンターと保安検査場が離れている

JGCカウンターは1階にあり保安検査場2階にありますので離れています。その辺が少し不便です。JALの場合は3つのレーンがあります。

  • 普通席の乗客用のレーン
  • 平JGC会員などのワンワールドサファイア会員が使うレーン
  • ワンワールドエメラルドやダイヤモンド会員など最上級会員が使うレーン

しかし、最近はスマートレーンなる検査の効率化を測った仕組みがあるためか、そこまで混雑しているのを見たことがありません。それに、JGCの保安検査レーンを使うと、周りのJGCの手際の良さに圧倒されて、ノロノロとしか対応できない僕は申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

>>>【関連記事】JGC専用保安検査場で平JGC会員の僕が緊張してしまう3つの理由

ANAはカウンターのすぐ横に優先レーンが接続

一方のANAの保安検査場はプレミアムチェックインのすぐ横にあります。そのため、チェックインをするとすぐに保安検査場へと行くことができ便利です。また、JALとは違い、ANAには2つのレーンが用意されています。

  • 普通席の乗客用のレーン
  • プレミアムチェックイン対象者が使うレーン

JAL同様に、僕はANA側の保安検査場でも手際よく素早く荷物を取り出したりトレイに物を入れることが苦手なので、この優先レーンを使うたびに緊張します。

あいこと
あいこと

JGCでもSFCでも保安検査場には優先レーンがあります。どっちもそんなに変わりません。

ラウンジの提供あり

サクララウンジは窓がなく息苦しい

保安検査場を通過すると、次にやってくるのがラウンジです。JALのラウンジはサクララウンジと言います。最上級会員であるダイヤモンドなどはダイヤモンドプレミアラウンジという上位のラウンジが用意されていますが、僕は平JGCなのでサクララウンジに入室しました。

JGC会員になって初めて利用したとき、入室前はドキドキしていました。だって、入って右に行けばいいのか?左に行けばいいのか?などの室内の構造を知りませんから。

例えば、ラウンジ内のトイレの場所もドリンクバーの場所も知らないので、トイレに行こうと思ったらラウンジ内をうろうろしなければならないし、周りの人から見たら「この人初めてきた人なのかな?」と思われるかもしてません。それはなんか恥ずかしいです。スマートなJGC会員を演じたいですから。ですが、ラウンジ内に入るとドキドキもワクワクもなくなりました。

サクララウンジは窓がなく狭く息苦しく感じます。実際、狭いのだと思います。必ず期待以下になるラウンジだと思いますので、期待せずに入室しましょう。ところで、現在このサクララウンジは改修工事中ですので、リフレッシュラウンジという仮サクララウンジへ案内されます。一時的に作られた簡素なラウンジですが個人的にはリフレッシュラウンジの方が好きです。

>>>【関連記事】伊丹空港リフレッシュラウンジ訪問!サクララウンジより断然イイ!?

ANAラウンジは窓があり開放的

SFCの場合はANAラウンジを利用することができます。もう一つANA SUITE LOUNGEという上位のラウンジがありますが、こちらはダイヤモンド会員用のラウンジです。僕は平SFCなのでANAラウンジにしか入室できません(平SFCとは、スーパーフライヤーズカード会員だけど、搭乗実績が少ない会員です)。

伊丹空港のANAラウンジがサクララウンジと違う点は窓があって広くて開放感がある点です。間違いなくサクララウンジより広いです。

国内線ラウンジに10~20分くらいしかいない場所なので別に狭くても文句はないですが、それでもラウンジに関してはANAラウンジの方がいいかなと思いました。

>>>【関連記事】伊丹空港ANAラウンジはJALよりマシだけど羽田よりヒドイ

あいこと
あいこと

ラウンジはANAラウンジの方が開放感があって好き!

搭乗券、保安検査証、ご搭乗案内などは?

搭乗券だけのJAL

なぜ同じ国内線なのにこうも違うのか?と思っていることを紹介します。それがこの搭乗券に関してです。搭乗券をもらうのは理解できます。

JALに搭乗する際にカウンターで搭乗券を発券すると、搭乗券を頂けます。そしてそれでおしまいです。

  • チェックインカウンターで搭乗券。
  • 保安検査場では、なにもありませんでした。
  • 登場ゲートでは、なにもありませんでした。

搭乗券、保安検査証、ご搭乗案内と3枚もあるANA

ところが、ANAでは搭乗時に以下の3つの紙が出てきます。

  • チェックインカウンターで搭乗券。
  • 保安検査場で保安検査証。
  • 登場ゲートでご登場案内。

引用元:ANAは保安検査証、ご搭乗案内、搭乗券と紙が多すぎてストレスな件 | あい言葉は「LaLaLa」

3枚も頂きます。正直言って邪魔です。

飛行機に乗るときできるだけ手荷物を少なくしたいので、紙がたくさんになってしまうANAより、少ないJALの方が便利だなと思いました。

なぜ、JALでは保安検査証、ご登場案内がないのか?逆に言うと、なぜANAでは保安検査証、ご登場案内が必要なのか?よくわかりません。両社とも揃えた方が間違えやトラブルが少なくなっていいと思うんだけどなぁ。

>>>【関連記事】ANAは保安検査証、ご搭乗案内、搭乗券と紙が多すぎてストレスな件

あいこと
あいこと

ANAは紙ありすぎる。JALは搭乗券だけなのでシンプル。

優先搭乗はどちらも大行列

僕は、すでに混雑した機内に乗り込むのが嫌いなので必ず優先搭乗を利用しています。

平日の伊丹ー羽田便はJALもANAも優先搭乗する上級会員の数が一般客より多く、90%は上級会員なのでは?と思うくらいの長蛇の列ができます。

もはや優先搭乗の意味がなく、最後にゆっくり搭乗する一般客の方が上級会員なのではないかと思うほどです。

あいこと
あいこと

ANAもJALも優先搭乗は大混雑。

>>>【関連記事】SFC修行のメリット?無駄!必要ない!ANA上級会員多すぎ問題!

シートはクラスの数が違う

3クラス体制のJAL

JAL国内線は3つのクラスがあります。

  • ファーストクラス
  • クラスJ
  • 普通席

国内線ファーストクラスはかなり値段が高いので乗る機会はないでしょう。国内線なんてどこも1時間ほどのフライトですので普通席で我慢できます。

クラスJは普通席より座席幅や感覚が広めのシートで、普通席より1000円しか高くないシートです。でも、飛行時間は1時間ほどです。1000円払ってクラスJに乗るなら、その1000円でいつもより豪華な昼食を食べた方が幸せになれると思います。

2クラスのANA

ANAの国内線は2クラスあります。

  • プレミアムクラス
  • 普通席

プレミアムクラスはJALのファーストクラスの位置づけのシートです。僕は何度か利用したことがあります。食事が出たりCAさんの挨拶があったりとシートが大きかったりと貴重な体験でしたが、上述したように日本国内のフライトはどれも1時間ほどですから普通席で我慢できます。今後乗ることはないでしょう。

(ANAプレミアムクラス搭乗の際に、CAさんに写真を撮ってもらいました。)

 

あいこと
あいこと

JAL、ANA、どちらにしろ普通席に乗ることをオススメします。

 

到着の衝撃で頭上コンパートメントが開く!JALとANAで対応が違った

減速した段階で駆けつけたJAL

(今回のフライト。着陸の瞬間に開いた頭上コンパートメント右中央)

おまけの情報です。飛行機がちょうど着陸した瞬間に、ガタンと頭上コンパートメントが開きました。幸い中身はなにも出てこなかったのですが、それに気づいたJALのCAさんは飛行機がある程度低速走行になった時に開いたコンパートメントを閉めに来ていました。

ベルト着用サイン解除後に駆けつけたANA

(ANA搭乗時。着陸の瞬間に開いた頭上コンパートメント)

一方で、ANAでも同様のケースに遭遇したことがあるのですが、誰も締めに来ることはなく、結局ベルトサインが解除されるまで閉められることはありませんでした。

 

あいこと
あいこと

どっちが正しい行動なのかは知りません。どっちも正しいのだと思います。

 

 

優先荷物タグ

タグがあるJAL

最後の違いは優先タグです。JGCの場合、オレンジ色のJGC優先タグを取り付けてもらえます。このタグがあることで、優先してもらっている感じがして満足度が上がります。

この優先タグがついているだけでスーツケース自体もかっこよくなる気がして、旅が終わっても外すことができません。

>>>【関連記事】預け荷物のプライオリティタグのデザインは複雑な方がカッコイイと感じた

印字のみのANA

一方で、ANAの場合はタグはありません。印字のみです。昔はタグがあったのですが、なくなりました。タグがなくても優先扱いできるのなら、わざわざタグを使う必要はないということなのでしょう。タグをなくすことでその分の資源の無駄遣いを抑えることができるので、そっちの方が良いのも事実です。

でも、タグがあった方がなんか気持ちいいです。「僕はこの航空会社の乗客なんだぞ!」という忠誠心みたいなものが芽生える気がします。

 

あいこと
あいこと

優先タグがあるJGCの方がかっこいいから好き!

 

まとめ

伊丹空港から国内線で旅をした場合、JGCとSFCにどんな違いがあるのかを紹介しました。

  • ラウンジはANAがいい!
  • 搭乗券はJALがいい!
  • 優先タグはJALがいい!
  • その他はどっちでもいい!

そんな感じですが、僕はスケジュールや値段を考えて都合のいい方の航空会社を使っています。それで良いと思います。

おしまい。