関空アクセスきっぷで気をつけるべき4つの注意点

関西空港へどう行けば良いのかをお悩みの方はいらっしゃいますか?関西空港へはいくつかの交通機関がありますが、僕がオススメするのは断然関空アクセスきっぷです。

以前「AHP・階層分析手法を使って京都〜関空のベストな行き方を計算した」にて、僕にとって最も満足度の高い京都ー関空への行き方は、関空アクセスきっぷを使った阪急電鉄と南海電鉄を使う方法であることを勝手に明らかにしました。

この関空アクセスきっぷはダントツで値段が安いという利点があり、その割に所要時間は他の交通機関とほとんど変わらないのです。

しかし、使用に関して注意すべきことがあります。購入できる駅、使用できる駅、乗り換えなどの3つの注意点を紹介します(京都方面から関西空港へのアクセスを事例に紹介しますが、嵐山線や千里線方面の方にも当てはまる注意点です)。

関空アクセスきっぷとは?

関空アクセスきっぷとは、阪急電鉄と南海電車を利用して関空まで行く!というきっぷです。京都から関西空港へ行く場合は以下のルートを使います。

  1. 京都の河原町駅もしくは烏丸駅から淡路駅へ(阪急電鉄)
  2. 淡路駅で電車乗り換え(駅移動なし)
  3. 淡路駅から天下茶屋駅へ(阪急電鉄 or 大阪市営地下鉄)
  4. 天下茶屋駅で乗り換え(駅間移動あり)
  5. 天下茶屋から関西空港(南海電鉄)

このルートを自動券売機で普通に購入した場合、京都の河原町から関西空港まで1600円ほどかかります。ところが、関空アクセスきっぷなら、たったの1230円!370円もお得です。往復なら740円もお得(復路は京都アクセスきぷと呼びます)。

注意1. 購入できる駅は限られている

関空アクセスきっぷはどこでも購入できるわけではありません。購入できる場所に制限があります。

阪急電鉄は、京都市街地にいくつか駅があります。

  • 河原町駅
  • 烏丸駅
  • 大宮駅
  • 西院駅
  • 西京極駅
  • 桂駅

上の6つの駅などがそれに当たりますが、大宮駅や西院駅や西京極駅では関空アクセスきっぷは買えません。つまり、関空アクセスきっぷが購入できるのは河原町駅か烏丸駅、桂駅だけです。

  • 河原町駅:◯購入できる
  • 烏丸駅:◯購入できる
  • 大宮駅:X購入できない
  • 西院駅:X購入できない
  • 桂駅:◯購入できる

その他にも、高槻市駅、茨木市駅、北千里駅、淡路駅などの大阪府内の駅でも購入が可能です。関空アクセスきっぷは京都から関西空港だけでなく、大阪北部から関西空港のアクセスも担うきっぷでもあります。

有人カウンターで購入

自動改札の横にある有人のカウンターに行って「関空アクセスきっぷを1枚ください」と言えば購入できます。

阪急河原町駅の関空アクセス切符が買える場所

僕は河原町駅東口で購入したので、こういう場所でした。1230円を払って難なくゲットです。

注意点2. なんばや梅田は経由できない

関空アクセスきっぷという切符が1枚もらえると思っていましたが、阪急電鉄と南海電鉄のそれぞれ1枚ずつの切符を受け取ります。

関空アクセスきっぷ

左側が京都から天下茶屋までの阪急電鉄で使用するきっぷ。右側が天下茶屋から関空までの南海電鉄で使用するきっぷです。

この写真は、すでに左側の切符を自動改札に通過させた後のものになります。僕は、河原町から乗ったので、自動改札に通したあとに写真のように「乗車駅 河原町」と印字されました。

関空アクセスきっぷは三つ折りされた台紙の中に入っており、台紙の裏面には簡単な路線図と乗り継ぎについての注意事項が書かれています。

関空アクセスきっぷの経路図

梅田なんばには行けません。阪急京都線でぼんやりしていたら梅田まで行ってしまいますし、なんばは始発駅なのでなんばまで行けば座席をゲットしやすいかもしれません。でも、それをやってはいけません。

注意3. だいたいどの駅からでも使用可能

注意1にて関空アクセスきっぷを購入できる駅は限られていることを紹介しました。では、関空アクセスきっぷを販売していない駅から関空アクセスきっぷを使って関西空港へ行くことは可能なのでしょうか?

  • 河原町駅:◯可能
  • 烏丸駅:◯可能
  • 大宮駅:◯可能
  • 西院駅:◯可能
  • 西京極:◯可能
  • 桂駅:◯可能

可能です!阪急京都線、嵐山線、千里線方面の駅であればどの駅からでも関空アクセスきっぷは使用できます。

例えば、京都の西院駅から関西空港まで普通ならば1,570円かかりますので、関空アクセスきっぷ(1230円)の方が340円お得です。なので、関空に行く用事がある人は、河原町や烏丸に遊びに行った際に事前に購入だけして、後日最寄駅から関空アクセス切符を使用することをオススメします。

注意4. 天下茶屋駅は阪急と南海を徒歩で移動

あとは、以下の通りに行くだけです(京都方面からの場合)。

  1. 河原町駅から淡路駅へ(阪急電鉄)
  2. 淡路駅で電車乗り換え(駅移動なし)
  3. 淡路駅から天下茶屋駅(阪急電鉄 or 大阪市営地下鉄)
  4. 天下茶屋駅で乗り換え(駅間を徒歩で移動あり)
  5. 天下茶屋から関西空港(南海電鉄)

2の淡路駅での電車の乗り換えは駅の移動は必要ありません。電車を降りた同じホームか向かいのホームにやってくる天下茶屋行きに乗り換えればいいです。

一方、4の天下茶屋駅での乗り換えですが、これは駅の移動が必要になります。

天下茶屋に到着した時、あなたがいる天下茶屋駅は大阪市営地下鉄堺筋線の天下茶屋駅です。阪急と大阪市営地下鉄堺筋線は繋がっているので、気づいたら大阪市営地下鉄にいたみたいな感じになっています。

そして、これから乗るのは南海電鉄の天下茶屋駅です。なので、ここで一旦、駅の外に出てください。

関空アクセスきっぷ、天下茶屋駅

ここで、関空アクセスきっぷの1枚とはお別れです。

阪急の改札を出ると正面にある階段もしくはエスカレーターへ向かってまっすぐ歩き、階段もしくはエスカレータを登ると南海電鉄の改札にたどり着きます。 道に迷うことはありませんが、天下茶屋駅は大阪市営地下鉄と南海電鉄の2つがあって、その駅の間は徒歩で移動が必要であることは覚えておきましょう。

関空アクセスきっぷ、南海天下茶屋駅

南海電鉄天下茶屋駅の改札で、残った1枚の関空アクセスきっぷを改札に入れてください。

あとは、南海線空港急行の関西空港行に乗ってください。終点が関西空港です。関西空港第1ターミナルに到着です。京都からの所要時間は2時間くらいです。

まとめ

南海電鉄の天下茶屋に移動後、iPhoneのカメラのピントがボケるという原因不明のトラブルに襲われ、それ以降は写真は一切とっていないので文字ばかりになってしまいました。すみません。

今回は、AHPで調べた結果、僕の満足度が最も高いのが関空アクセスきっぷを使った行き方だということで、関空アクセスきっぷを使いました。安いという点と所要時間もそこまでかかるわけではないという点で、関空アクセスきっぷはオススメの方法です。注意点4つをしっかりと抑えて関西空港へ向かいましょう。

特に、京都には学生さんが多いと思うので、格安海外旅行をするバックパーカーや大学生さんはぜひ利用してみてください。僕は、バックパッカーでも大学生でもありませんが、どうやって関空に行くかをいつも悩みながらも、結局は関空アクセスきっぷを使っています。

おしまい。