「社内ニートでうつ病になり休職後に退職したサラリーマン時代のブログ」はこちらをクリック

SFC家族会員が受けられる4つの特典と2つの注意点

僕がANAのプラチナ会員になったのは2015年のことです。そのままSFC(スーパーフライヤーズカード)会員にもなりました。そして、タイ人の妻と結婚したのは2016年。そんな僕の妻はタイ人なのですが、歯科矯正をタイの歯医者で行なっています。その関係で半年に1回はタイに帰国します。

そんな帰国時、SFC家族会員なら、ANAやANA提携会社を利用する際にこんなにいいことがありますよ!という話を紹介します(ここで紹介するもの以外にもたくさん優先特典がありますが、もっとも便利な4つの特典を紹介します)。

また、確かに快適な旅ができるSFC家族会員ですが、家族会員が飛行機に乗る際に気をつけるべきことについても2つ紹介します。それを知っておけば、さらに快適な旅になることでしょう。

  • この記事の疑問
    • SFC家族会員のお得な特典と注意すべきこととは?
  • 答え
    • 特典
      • 専用チェックインカウンター
      • 保安検査場の優先レーン
      • 航空会社ラウンジへの入室
      • 優先タグですばやく預け荷物を回収
    • 注意点
      • 飛行機や空港に慣れていない
      • SFCだからといって偉いわけではない
スポンサーリンク

家族会員の4つの特典

僕がANAプラチナになりSFCに入会したので、僕がSFC本会員ということになります。そして、本会員の1親等以内の家族はSFCに家族会員として入会することができます。SFC家族会員になると、スーパーフライヤーズラウンジカードが届きます(電話してカードを送ってくださいというと送ってくれます)。

SFC家族会員とかこのカードとか、「どんな意味あるの?」と思うでしょう。実はすごいんですよ!

SFC家族会員になれば、ANAやスターアライアンス航空会社で上級会員として扱われます。

すたーあらいあんすの上級会員?

先ほどのラウンジカードの右下にGOLDと記載されていますが、これは「あなたはスターアライアンスゴールド会員です」という証拠です。スターアライアンスゴールドがどんなものか、他の乗客と何が違うのかについては以下の動画がわかりやすいです(英語ですが、イメージは掴みやすいです)。

特典1. 専用のチェックインカウンターが使える!

SFC家族会員は、ANAの上級会員として扱われますので、専用のチェックインカウンターが使えます。混雑しがちなエコノミー用のチェックインカウンターではなく、利用する人が少ない専用のカウンターなので時間短縮になります。

写真は、大阪伊丹空港のプレミアムチェックインカウンター入り口。国内線だとプレミアムチェックインカウンター。国際線だとビジネスクラス用のカウンターやスターアライアンスゴールド会員用のカウンターを利用することになります。

特典2. 保安検査場の優先レーンが使える!

チェックインカウンターと同じく混雑しがちな保安検査場ですが、これも専用の優先レーンを使うことで時間短縮に。短縮された時間で両替、お土産購入などに時間が使えます。

スターアライアンスでは、GOLD TRACKと呼ばれるレーンがそれにあたります。僕は成田空港でしか見たことがありません。

特典3. 航空会社のラウンジが使える!

航空会社ラウンジが使用できるので、搭乗時間までゆっくりくつろげること間違いなしです。

写真は福岡空港の国内線ANAラウンジ。

こちらは伊丹空港のANAラウンジ。

ANAラウンジの場合、国内線も国際線も雰囲気は同じです。それにしても、ラウンジで写真を撮影するのって勇気がいるんですよね。周りの視線とか気になるしで・・・。ということで国際線のANAラウンジの写真はほぼ持っていません。

この写真は成田空港のANAラウンジのもの。飲み物もこんなにたくさん。また、国際線のANAラウンジや航空会社ラウンジでは食事の提供があるため小腹を満たすことができます。

特典4. 預け荷物に優先タグをつけてもらえる!

優先タグをつけることで預け荷物が早く出てきますので、到着空港の回転台で待つ時間が短くなります。特に、観光地路線は上級会員が少ないので、信じられないほど早く荷物が出てくることが多々あります。

一方で、ビジネスでの用事が多い都市だと上級会員が多く、あまりメリットを感じられないこともあります。

タグの色はオレンジ色のタグです。航空会社によっては黄色だったりする場合もありますが、スターアライアンスではオレンジのタグが使われています。

どうでしたか、あなたがSFCなら妻はこんなに快適な特典を受けられるのです。

妻は飛行機を利用する度に、僕に感謝してくれます。

あいこと
あいこと

SFC取っててよかったぁ♪〜

2つの注意点

良いことばかりのSFC家族会員ですが、家族会員として気をつけることもあります。

  1. 旅慣れていないこと。
  2. SFCがお偉いさんではないということ。

注意点1. 旅慣れていない

SFC本会員は修行のように飛行機にたくさん乗ったり、もしくは観光や出張で飛行機にたくさん乗った人たちなので飛行機や旅、空港に慣れていると思いますが、SFC家族会員は突然上級会員になった方ばかりなので、旅慣れていない方が多いと思います。

例えば、保安検査場の優先レーンを利用する人たちは、旅慣れているため、荷物をあっという間にケースに分けたり、身につけている貴金属も素早く外します。

一方で、SFC家族会員は旅慣れていないため、ポケットに小銭を入れたまま探知機を通過してセンサーを鳴らしてしまい追加の調査を受けたり、荷物をケースに入れるのに時間がかかったりして結構他の乗客の邪魔になっているような気がします(特に、私の妻は・・・)。

なので、スマートにささっと出来るように工夫をしておいた方がいいかと思います。手荷物は最低限な持ち物だけにするとか、財布や携帯はコートに入れておいてコートを脱げばいいだけにしておくなど。じゃないと、機嫌が悪い他の搭乗客に怒鳴られたりとか、嫌な顔をされたりすることがあります。空港ってみんないい人ではありません。

注意点2. 偉いわけではない

特に僕の妻がそうなのですが、SFCをお偉いさんだと思っています。ANAにはSFCなんかより上のステイタスであるダイヤモンドやプラチナというステイタスがあります。他社のゴールド会員もいますし、より高い航空券を購入したファーストクラスやビジネスクラスの乗客もいます。

同じエコノミークラスに座っているからと言っても、もしかすると格安航空券の2倍の値段もする航空券を購入しているかもしれません。なので、SFCくらいでハナタカさんになるのはやめた方がいいかなと。まぁ、それはそれで可愛いのですが・・・。

まとめ

以上、とっても快適なフライトになるSFC家族会員の5つの特典と気をつけるべき2つの注意点を紹介しました。注意点は注意しすぎるとストレスになりますので意識しすぎないようにしましょう。

おしまい。

ANA/SFC・スターアライアンス
スポンサーリンク
あい言葉は「LaLaLa」