ANAで行く伊丹から千歳!ドリンクサービスで悲しい思い

ちょうど約一年前。ちょうどなのか、約なのかわかりませんが、だいたいそれくらいに中部セントレア空港からJALで札幌へ行きました。

中部国際空港国内線と羽田や伊丹の上級会員向けサービスの5つの違い
北海道の札幌に旅行で行ったのですが、その際に初めて中部国際空港の国内線を使い新千歳空港まで行きました。 中部国際空港にも、JALの上級会員用の優先レーンやラウンジが用意されて...

そして、一年後、大阪伊丹空港からANAで札幌へ行きました。正確には新千歳空港へANAへ行きました。

そのフライトの話です。

相変わらずの優先搭乗前の雰囲気

行き先は札幌行きなのですが、実際には新千歳空港という距離感を無視した行き先ですが、この日は研修生らしき人をたくさん見かけました。

10月ということで研修が終わって配属先が決まった新人社員でしょうか?

「航空業界へようこそです。客として迷惑をかけないよう、気をつけます」

などと思っていたら、だんだんと例のあれが始まりました。

優先搭乗が開始される前に行われる、優先搭乗者たちによる雰囲気の見合いです。

毎回優先搭乗を利用する僕ですが、チキンなので遠目に見ていました。

なぜ遠目に見ていられるかと言うと・・・。

  • この中の40%は優先搭乗対象者ではなないので、急ぐ必要はありません。優先搭乗の列に並んでいる優先搭乗非対象者は必ずいるものです。そんな仕組みを知っている人の方が特殊です。
  • 僕は後方座席が好きなので、優先搭乗後方に並んでも、優先搭乗時の僕の座席周辺に誰もいません。優先搭乗者は、上級会員なので、前方座席が大好きなようです。

などがあります。

早速、機内へ入りましょう。

あれ?個人モニターがある!

機内に入ると、真新しい青いシートが映えていました。本当に青かったです。

座席に座ると、「あれ?なんか違うくない?国内線だったけ?」と思ったわけです。

個人モニターがある!!!映画見放題??

正真正銘の個人モニターです。しかも新しい。ディスプレイが光り輝いています。

これは新しい機材に違いない!と思い、安全のしおりを見てみると、A321と書いてあります。

そういえば、A320neoみたいな機材をANAが新しく購入したみたいな話を聞いた気がします。それみたいです。

そして、先輩に聞いたのですが、どうやら近距離の国際線機材だそうです。

個人モニターには興奮しましたが、国際線のような映画の上映もなく、スマホにインストールした漫画とかネットサーフィンしていた方が楽しいと思います(ANAでも機内インターネットが使えます!)。

機内サービスのドリンクメニューがわからず悲しいことに・・・

国内線の場合は機内食の提供はありません。唯一あるのはドリンクサービスです。

でも、ドリンクに何があるのかわかりません。ANAの場合、昔提供していた「香るかぼす」が美味しかったのですが、今はもう提供していません。

となると、コンソメスープがいいかな?

ところが!

どんどん近づいてくる自分の番に、少しパニックになり、メニューが全く思い出せません。

あれ?なんだっけ?なにがあったんだっけ?

一生懸命思い出そうとしました。

そして、結局、こちらを注文しました。

なんだと思いますか?

正解はこれです。

水です・・・。

このフライトで一番悲しかった出来事でした。

  • 窓側座席ということでCAさんにドリンクメニューを聞きにくかった。
  • 1日に何度も同じことを聞かれているであろうCAさんにドリンクメニューを聞きにくかった。

なんで僕はこうなんだろう・・・。ちゃんと下調べをしてから行こうと反省しました。

到着

やがて空は夕方から夜へ。そして、真っ暗になり新千歳へ到着しました。

この日のフライトでは、着陸時も明かりが消えることはなく、明るいまま着陸しました。

てっきり、着陸時は明かりを消して着陸すると思っていたので、知らない体験でした。

お疲れ様!僕を伊丹から新千歳まで運んでくれたANA機。

おしまい。