関空到着から入国までにどのくらい時間がかかる?閑散期早朝着の場合

空港に飛行機が着陸して、ターミナルへ移動し、飛行機のドアがオープンされ、入国審査、荷物回転台、税関など通過すると色々と時間がかかります。

妻(タイ人)が日本に学生として来日したときは、妻の乗ったタイ国際航空機は7時過ぎには関空に到着したのに、妻が税関を通過し、外の非制限エリアに出てきたのは9時30分過ぎでした。このときは在留カードを作るための列に並んだところ、妻の前に並んでいた家族の審査やら在留カード作成やらに時間がかかったそうで、妻の入国が遅くなったということでした。

僕も海外の空港では入国するのに時間がかかった経験はありますが、日本の空港ではあっという間に入国し、非制限エリアに到達します。

本当にあっという間なので何分ほどか知らないのですが、今回は、早朝に到着した閑散期のハノイ発関空行きベトナム航空を事例に、関西空港では到着から入国するまでに何分かかったのかを具体的に紹介します。

29分で外に出ます!

先に回答を言うと、着陸から29分後には外の非制限エリアに出ていました。途中、トイレにも行ったし、自分の荷物が見つからず時間を使ったので、それがなければ20分くらいで非制限エリアに到達していたと思います。

6時41分:着陸

思っていたより音も衝撃もないまま関空の第一滑走路へ着陸しました。こうして関空を見てみると、海上空港になのに草が生えているんですね。たくましい!

6時51分:ドアオープン

第1滑走路に着陸したので、ターミナルビルが近かったこともあり、ドアオープンは着陸の10分後でした。僕は最後尾座席でしたが、6時53分には機外から利用したベトナム航空機を撮影していました。

6時53分:飛行機に対して「お疲れ様」

ボーディングブリッジを渡りターミナルビルへと入ります。ターミナルビルに入ると、すぐに1つ上の階へエスカレーターで移動しそのタイミングで、ベトナム航空機の写真を撮影しました。

外側の骨組みが邪魔でうまく撮影できないですが、この機体に乗ってハノイから関空へ帰ってきたのです!「お疲れ様でした」。

時間不明:お腹が痛い!

この後は、シャトルに乗って本館へ移動するのですが、突然腹痛を感じました。日本に帰ってきたことで気が緩んだのかもしれません。慌ててトイレに駆け込みました。

7時:シャトル乗車

トイレで5分くらい時間をロスしましたため、他の乗客は見当たりませんでした。

僕一人でシャトルを独占!と思いましたが、そんなわけではありませんでした。

車椅子を持った空港職員の方と、向こう側の車両にはクルーの方達が乗車しています。

着陸後たった19分後には、クルーの方達も機外に出てるんですね。

7時2分:本館到着

本館に到着後、ベトナム航空のCAさんの制服は綺麗だなと思い、勝手に撮影しました。

やっと、関西へ、大阪へ帰ってきました!

7時10分:外へ(非制限エリアへ)

その後は、以下の道順で通過して行きました。

  • 7時3分:検疫通過
  • 7時3分 入国審査通過
  • 7時8分 荷物を発見

回転台?ターンテーブル?では、自分のスーツケースが見つけられなくて苦労しました。

僕がターンテーブルに到着した時には、すでに優先タグが付いていないスーツケースが回っており、プライオリティータグが付いたスーツケースがときどき回っているくらいでした。ということは、スカイチームエリートプラスでスカイプライオリティを受けている僕のスーツケースはすでに回転台の上を回っているはずです。

ところが!

全然見当たりません。いくら待ってもそれらしいスーツケースは出てきません。あたりを見回してみると・・・。

なんと!すでに回転台からピックアップされ、端っこの方に置いてありました。

間違ってピックアップされたのか?プライオリティタグが付いているから親切にピックアップされていたのか?よくわかりませんが、なんか不快でした。「勝手に回転台から取って、目立たない場所に置くな!!」と強く思いました。

このスーツケースを持って税関審査を通過し、7時10分に外に出ました。

国際線到着口南です。日本に帰ってきました。実はこの記事は「スカイチームエリートプラスでもベトナム航空の事前座席指定は不可」を第1話として始まり、合計25話に渡ってお届けしてきたベトナム航空でタイに行ってきたよ!という話の最終話でもあります。

ただいま関空!日本に帰ってきたよ!

まとめ

というわけで、関空到着から、いや着陸から、日本に入国する(非制限エリアに到着する)のに何分かかるのか?という話でした。

結果は29分でしたが、これは閑散期の早朝到着便だったからなのかもしれません。早朝便でも時間が重なれば違う結果になるかもしれないので、この話はOne of Themと思ってください。

でも、海外旅行から帰ってくる方や留学から帰ってくる方で、家族が空港に迎えに来る!という方には目安になるのではないかと思います。

到着時間+約30分後には、迎えにきてくれている方に会えます!

おしまい。

この旅のシリーズ記事