航空会社の上級会員あるあるネタ25選

僕はANAとJALのどちらも上級会員(SFC、JGC)です。とは言っても、SFCやJGCごときは、準上級会員とか中級会員くらいだと思います。なぜなら上級会員の中で1番下のステイタスだからです。

なので、タイトルに「上級会員」と書いていますが、どちらかというと上級会員の中でも1番下のステイタス会員のあるあるネタです(あくまでも個人的なあるあるです)。

空港に行く前

1. 上級会員タグ

空港にはSFCやJGCより遥かに上のステイタス会員がいるので、SFCやJGCなどの上級会員タグをカバンにつけて空港に行くのは恥ずかしい。だから、それらをカバンから外す。

出発空港にて

2. わざわざプレミアムチェックイン

スキップサービスが使えるのに、わざわざプレミアムチェックインを利用して紙の搭乗券を頂く。

3. わざわざプラチナカード

SFCやJGCのクレジットカードではなく、AMCプラチナカードやサファイアカードを提示

4. 結局クレジットカード

わざわざ紙の搭乗券をもらったのにポケットだか、財布だか、どこにしまったのかわからなくなり、保安検査場はクレジットカードで通過

5. ラウンジマナー

ラウンジでのマナーに敏感なので目立つことはしない

6. 国内線ラウンジ内を2周

国内線ラウンジでも食事の提供があると思い込み、フードエリアを探してラウンジ内を2周

7. 早め早めの行動

普段は早め早めの行動はできず、いつもギリギリなのに、ラウンジにいると搭乗開始時間が気になり、早めにラウンジを出てしまう

8. 搭乗ゲートまで早歩き

優先搭乗が開始されているのでは?と思い搭乗ゲートへ早足で歩いてしまう

9. 搭乗ゲートでホッとする

搭乗ゲートに到着して、搭乗開始がまだだと安心する

10. 搭乗で緊張する

優先搭乗の列ができ始める時間になるとなぜか緊張する

機内にて

11. 優先搭乗に大満足

人が少ない機内に大満足、この一瞬のために搭乗する

12. 下々の者

後から乗ってくる人たちを見て、「下々の者はおそいのぉ」と将軍みたいな気持ちを少しだけ思ってみたりする

 

13. 恥ずかしい誤解

後から来た隣の人のことを、「後から来たから優先搭乗対象者じゃない、ははは下々め!」と思っていたら、CAさんが隣の人に個別挨拶に来て、自分の方が下々の者だったんだと思い知らされる

どうやら、隣の人はダイヤモンド会員だったみたい・・・。

14. ウィングレット

なんとなく機内からウィングレットの写真を撮るけれど、有効活用されることがない。

15. 手を振る

整備員が手を振るのを見て、恥ずかしながら振り返してしまう。そして、なんかいいことした気分になる

16. 終了したメニュー

短期でsfc修行をした際にanaの機内サービスで提供されていたカボスジュースが美味しかった。sfcを取得し、それから数ヶ月後の搭乗時、俺メニュー見なくても注文できます!感を出すために粋ってカボスジュースを注文した。期間限定ドリンクだったらしく提供が終了していた

17. 空からの景色

なんとなく機内から景色をたくさん撮るけれど、有効活用されることがない写真の数々

18. 頭上収納

頭上収納からスーツケースを取り出すとき、いつも周りにいる人の頭にぶつけそうになるが、なんとかぶつけずに済んでいる。でも、いつかはぶつけてしまいそう

到着空港にて

19. No Return

ここから先戻れませんを見て、少し不安になる

20. 回転台1

機内持ち込みできるのにあえて預けた荷物が一番最初に出て来たので、ドヤ顔で取ったけど、回転台で待ってる人が3人くらいしかいない

21. 回転台2

機内持ち込みできるのに、あえて預けた荷物が一番最初に出て来た。けど、降機に時間がかかり、スーツケースはもう一周回転台を回ることになり、逆に受け取りに時間がかかった。

22. 回転台3

すぐ出てくると思って一番先頭でまってたけど、荷物のほとんどに優先タグが貼られているかのごとく他人の荷物がたくさん出て来て、自分のは優先タググループの最後の方に出て来た。機内に持ち込んだ方が良かったと後悔。

到着空港から目的地へ

23. 電車にて

空港から目的地へ電車に乗り込んだ際に、プライオリティタグのついたスーツケースをなんとなく他の乗客に見せびらかす。

24. 電車2

「あの人見て、プライオリティタグがついているよ。上級会員じゃない!かっこいい!」と思われているのではないかと思っている。

25. 電車3

実際には車内の誰一人としてプライオリティタグなんて見ていない。

まとめ

という訳で、個人的上級会員あるあるを紹介しました(一部関係なかったですが・・・)。

普通に考えれば、航空会社の上級会員の存在を知らない搭乗者の方が多いです。ですから、「お前ら!俺は上級会員だぞ!」という考えは全く通じません。むしろ上級会員は、いやSFCやJGCは大人しくすることで航空会社に貢献する存在なのだと思います。これこそおもてなしの体現ですよ!

今後ともよろしくお願いいたします。

おしまい。