サファイアから平会員に陥落した僕にJGCカード到着!

去年はJALでバンコクと札幌に行っただけなので、JMB FLY ONプログラムのサファイア会員は維持できず、普通のJGC会員になりました。そんな僕のところに今年度から使う新しいJGCカードが届きました。

JGCカードというとクレジットカードを指すのかもしれませんので、JGCステイタスカードと言うべきなんですかね?

正式名称はJGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードと言うそうです。

JALから届いた封筒の中に入っていたもの

2018年度スーパーフライヤーズラウンジカード到着で思った4つのこと」で書いたように、ANAからSFCラウンジカードが届いた際には、以下の4つの書類が入っていました。

  1. ラウンジカード
  2. ANAスーパーフライヤーズのご案内
  3. ANAスーパーフライヤーズご利用のご案内
  4. ANAマイレージクラブアプリのお知らせ

そして、「2. ANAスーパーフライヤーズのご案内」は不要でした。だって、「僕はもうSFC会員なのですから、SFCの案内をされても、すでに入会してるんですけど・・・」という感じでした。

今回、JALからJGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードが届いたわけです。

こちらには3つの書類が入っていました。

  • 「JGCワンワールドサファイア」のご案内
  • ワンワールドアライアンス加盟航空会社ご搭乗時のサービス
  • JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカード

「JGCワンワールドサファイア」のご案内

このご案内は、形式的な挨拶文なので、特に感想はありません。

手紙に書かれている通り、JGC会員はJALグループ便やワンワールド加盟航空会社を利用時にワンワールドサファイア会員として優先サービスを利用できる点は本当に嬉しいです。

ワンワールドアライアンス加盟航空会社ご搭乗時のサービス

ワンワールドアライアンス加盟航空会社ご搭乗時のサービスというリーフレットです。

リーフレットを開くと・・・。

JGC会員はワンワールド加盟航空会社を利用するときにこんなサービスを受けられますよ〜という内容が書かれています。

  • ご予約時の優先キャンセル待ち
  • 空港での優先空席待ち
  • プライオリティバッゲージサービス
  • ビジネスクラスチェックインカウンターのご利用
  • 受託手荷物無料許容量のご優待
  • 空港ラウンジのご利用

いずれのサービスも、一度体験してしまうと体験し続けずにいられないサービスです。

JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカード

今回の目玉!JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードです。

カードの色が緑色

カードの色が緑色なんですね・・・。ちょっと色が微妙で、かっこよくない・・・。

近くから見るとこんな感じ。

JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカード

カード全体は緑色ですが、右下のワンワールドのロゴの下にある横長の丸の色は青色です。

ワンワールドでは青はサファイア会員を意味し、ワンワールドでは上から2番目のステイタスです。赤は一番下のステイタスのルビー会員、緑は一番上のステイタスであるエメラルド会員です。

有効期限が3年間

あと、気づいたこととして、有効期限が2021年3月まで。つまり、3年間もあります。こうすることで、毎年カードを送付する必要がなくなるのでコストカットでしょうか?

もし、2021年3月前に解約するとどうなるのかというと、こんなことが書かれていました。

JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードは、JGC会員のお客様に限り、カード上に表記されている有効期限までご利用いただけます。

引用元:「JGCワンワールドサファイア」のご案内

なので、JGC会員を辞めてしまえば、JGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードも失効するということでしょう。

まとめ

ということで、今日はJGCワンワールドサファイアエリートステイタスカードが届いた話でした。

緑色はかっこ悪いと言いましたが、それでも、しっかりカードを財布の中に入れて、機会があれば後輩や同期にカードを見せびらかして自慢することでしょう。

おしまい。