KIXエアサイドラウンジに大感動!でも、景色がほんの少し残念

関空からジャカルタを経由してパダンへ行きました。これは、その最初の記事です。

僕はエールフランスのマイレージ制度、フライングブルーのゴールド会員です。スカイチームだとスカイチームエリートプラスという最上級会員です。

以前、関空からスカイチームのベトナム航空を利用した際には「関西空港国際線サクララウンジは狭くて大混雑!エルファロル問題!?」に書きましたように、案内されたのはJALサクララウンジでした。

サクララウンジは何度も行ってますので、今回はラウンジは利用せずに飛行機に乗ろうと思ったのですが・・・

チェックインはまぁまぁな混雑

まず、ラウンジは利用しない!と考えていたので、関空で朝マックしました。

写真反対向きですが、僕はマックグリドルが大好きなんです。甘い味が好きなので、本当に大好きです。マクドナルドではなく、マクドナルドラウンジを作って欲しいくらいです。

食べ終わった後にチェックインカウンターへ向かうと・・・

まだ、バリ・デンパサール行きのチェックインしかオープンしていませんでした。

ジャカルタ・スカルノハッタは9時30分からオープンみたいです。場所は同じです。

ということで、9時30分に伺うと・・・。

エコノミーのレーンめっちゃ並んでる!!!

で、優先レーンはというと。

二つのカウンターが割り当てられていましたが、前に並ぶ人たちのチェックインに時間がかかっていたようで、かなり待たされました。こっちは急いでいないので、ボケーっとしてました。

興奮!知らないラウンジへの招待状!

やっと自分の番になり、その終わり間際に「ラウンジはKIXエアサイドラウンジですが、場所はご存知ですか?」みたいなことを言われました。

知りませんので、知らない旨を伝えると地図をもらいました。

わかるようなわからない地図。空港の地図って男が作ったとしか思えないほど、わかりにくいです。確かにその通りなのですが、なんか足りんのですよ!

スタッフの方はシャネルだったか、バーバーリーの横を左に曲がってくださいと言ってました。この説明の方がすごくわかりやすい!

そして、初めてのラウンジへの招待状に大興奮でした(もちろん、冷静を装いました)。

KIXエアサイドラウンジの場所

実際には難しくないです。関西空港は小さな空港です。保安検査場、出国審査後の本館にあります。

出国審査を出たら右へ行きましょう。

しばらくすると、いや、結構すぐに左にKIXエアサイドラウンジあります。という案内があります。

この案内板についていけば、たどり着きます。

上の写真の右側にある四角い穴が入口です。

他のラウンジに比べると人が少ない!

先ほどの四角い穴がこちらの入口です。

なんか、おしゃれなんです。重厚感はありません。スタイリッシュな感じです。

内部はというと・・・。

中央部のエリアは人が多いです。とは言っても空席も目立ちます。

これでもラッシュ時だそうです。次回の記事で紹介する僕が遭遇したトラブルにて、ラウンジのスタッフの方と話していたところ、そう言われました。

サクララウンジなら、この時間帯は満席ですよ・・・。

端側のエリアだと、めちゃくちゃ空席率が高いです。

ここからは、端エリアの写真を紹介するだけです。

本当に人がいない。空席率半端ない!

ここの一列なんて、見て!窓側なのに誰もいない!

もちろんソファー席もあります。

ここから見る関空の座席素晴らしいこと間違いなし!

KIXエアサイドラウンジは、そんなラウンジでした。

微妙に残念、あと5cm高さがほしい・・・

人が少なく、窓が大きい!そんなKIXエアサイドラウンジですが、残念な点が一つ。

ほんの少しの残念なのですが、僕にとってはかなり大きな残念でした。

それがこちら・・・。

わかりますかね?中央の鉄骨から出ている尾翼。

そうなんです!座席に座ると、滑走路のちょうどいい感じが見えないのです。中央の鉄骨が邪魔して見えない!

僕の身長?いや座高の高さの問題なのですが、うまい具合に見えません。

もちろん、立てば見えます。

でも、座ると見えません・・・。

あぁ、残念すぎる。

この点をなんとか解消してほしい!本当に残念すぎる・・・。

まとめ

KIXエアサイドラウンジは本当に素晴らしいラウンジでした。関西空港でこんなに快適に過ごせるラウンジがあるのかぁと思ったラウンジです。

一方で、景色が少し残念でした。あと10cmほしい。いや5cmでいい!

僕の身長がもう少し高ければよかったのでしょうが、飛び立つ飛行機、着陸する飛行機が全く見えないのは残念でした。

おしまい。