名古屋駅でお土産に手羽先買うなら風来坊@新幹線地下街エスカで!

名古屋の名物と言えば、そして僕が一番好きな名古屋めしと言えば、手羽先です。

手羽先といえば「世界の山ちゃん」と思うかもしれませんが、僕は風来坊の方が好きです(昔住んでいた名古屋の家の近くに風来坊があったので、風来坊が好きになりました)。

京都に引っ越してから、風来坊や世界の山ちゃんの手羽先を食べることはなくなり(京都の四条河原町には世界の山ちゃんがありますが、僕は風来坊派!)、スーパーに売ってる手羽先は全然美味しくないですし、自分で作るとさらに美味しくない・・・。

久しぶりに名古屋へ行ったので、風来坊の手羽先をお土産に買いました。名古屋駅新幹線口側にある地下街エスカなら朝の11時から風来坊の手羽先の持ち帰りができ、待ち時間も少ないです。

風来坊@新幹線地下街エスカへのアクセス

風来坊@新幹線地下街エスカですが、新幹線口側の外にある地下街にあるお店です。

新幹線口から外へ出る

まず、新幹線口へ行ってください。

新幹線のりば(北口)を左へ行き、名古屋駅ビルの外に出るとすぐにエスカへの入口があります。

地下街エスカへのエスカレーターに乗る

エスカは地下街ですので、迷わず地下へ向かうエスカレーターに乗りましょう。

エスカは、地下1階しかありませんので、複雑ではありません。

突き当たるまでまっすぐ

エスカレーターを降りると、いよいよ地下街です。まっすぐ向こうの端まで見えると思います。

なので、その端まで歩きましょう。30秒くらいです。

左に不二家がある突き当たりを左へ

まっすぐ30秒も歩くと、突き当たりにぶつかります。

ちょうど左手に不二家があります。

不二家がある方へ曲がってください。つまり突き当たりを左です。

到着!

すると右手に見えてきます。

風来坊@新幹線地下街エスカ

風来坊@新幹線地下街エスカです。

朝11時から開店!

仕事が14:30くらいで終わったので、僕がこの風来坊を訪問したのは午後15時頃です。

普通なら、この時間帯、どの風来坊も閉店しています。ほとんどの風来坊は17時から開店です。

ところが!!!

エスカ地下街の風来坊午前11時から開店しています!

午後15時でも手羽先が買えるのです!

お持ち帰りは専用カウンターで!

お持ち帰りの場合、お店に入店する必要がありません。

入口横に専用のカウンターがあります。

風来坊@新幹線地下街エスカ

ここにお店の方がいるので、注文してください。

お持ち帰りの価格は?

焼肉食べ放題でウィンナーを注文する時、よく困ることがあります。メニューにこう買いてある時です。

  • 一人前(3本)

僕「ウィンナー3本お願いします」

5分後・・・

店員「ウィンナー3人前です!」

僕「えっ!?いや、3本なんだけど・・・」

不安・心配性な僕は手羽先においても同様の心配をしてしまいますが、風来坊の手羽先の価格はこうなっています。

風来坊@新幹線地下街エスカの価格

  • 1人前(5本):518円
  • 2人前(10本):1004円
  • 3人前(15本):1512円
  • 4人前(20本):1998円

それ以上の人数分は、僕自身は不要なので、紹介しませんが、だいたい1人前(5本)が500円です。たくさん買えば買うほど、少しずつ割引も入るようです。

とりあえず「4人分」注文しました。僕は焼き鳥、手羽先なら40本くらいペロリと食べられるので!

待ち時間はほぼなし

昔僕が住んでいた近くにあった風来坊では、持ち帰りを注文すると結構待ち時間がありました。

混んでいるからなのか、10分近く待つこともありました。そして、体感的には20分以上感じることもありました。

一方、エスカの風来坊は時々利用したことがありますが、いずれの時も、注文してから30秒〜1分ほどで受け取ることができます。

無事、手羽先ゲットです!

新幹線ではにおいに注意

という訳で、名古屋をあとにして、京都へ帰りましょう。

念のため、新幹線はこだまに乗車しました。

風来坊の手羽先と新幹線

念のためとは、においを不快に感じる人がいるかもしれないからです。幸い、ピーク時間より早かったため、僕の車両には2名しか乗車しておらず、1人はマスクをしていたので、問題はなかったようです。

個人的には、僕はコーヒーが嫌いなので、新幹線車内でコーヒー、特にホットコーヒーを飲むのをやめてほしいと思うのですが・・・。頭が痛くなりませんか?

まとめ

以上、風来坊の手羽先を名古屋駅新幹線口地下街エスカで購入した話でした。

11時から開店しているというのは本当に助かります。

風来坊の手羽先

いざ!開封!!!

家で、美味しくいただきました。

おしまい。

名古屋
あなたへのおすすめ
あいことをフォローする
あい言葉は「LaLaLa」