関空サクララウンジのJALカレーはおいしくない!?大混雑な訪問記

関西空港の国際線サクララウンジはどんな場所なのでしょうか?

関西空港は羽田や成田と比べると小さい空港なため、様々なことにおいて少し違いがあります。

  • 利用条件
  • ラウンジの雰囲気
  • 混雑する時間帯、
  • ALカレーの味

僕の最寄り国際空港が関西空港なので、サクララウンジは飽きるほど使ったことがある僕が関空国際線のサクララウンジについて紹介します。

サクララウンジを指定する航空会社が多すぎる!?

関空のサクララウンジ入口の横には、このサクララウンジを指定ラウンジにしている航空会社が掲載されています。

関空サクララウンジが使える航空会社一覧

JALが所属するワンワールドメンバーだけでなく、ベトナム航空などのスカイチームメンバー、JALのライバルANAが所属するスターアライアンスメンバー、マカオ航空やフィリピン航空などの未加盟航空会社などなど、たくさんの航空会社がこのラウンジを利用しているようです。

そのため、このラウンジではSFCを提示してJALサクララウンジを利用するなんていう光景を目撃できます(後述しています)。

ところで、関西空港のラウンジをまとめてみると・・・。

  • 本館(非制限エリア)
    • 大韓航空ラウンジ
  • 本館(制限エリア)
    • KIXエアサイドラウンジ
    • KIXノースラウンジ
  • 北ウィング
    • ラウンジパシフィック
    • 飛鳥
    • ロイヤルオーキッドラウンジ
    • ANAラウンジ
  • 南ウィング
    • サクララウンジ

北ウィングには4つもラウンジがありますが、南ウィングにはJALが運営するサクララウンジしかありません。南ウィングを利用するほとんどの航空会社がサクララウンジを使うことになります。そのため、サクララウンジは基本的に混雑しています(午前中と夜の様子について後述しています)。

アクセス

サクララウンジは南ウィングの中間駅の近くにあります。中間駅へ到着後、エスカレーターか階段で1つ下のフロアへ移動すると、タリーズコーヒーがあります。

このタリーズコーヒーの方へ曲がります。すると、「ラウンジ金剛(関空)の満席率は午前中ほぼ100%の混雑ぶり」で紹介したラウンジ金剛があります。

関空・ラウンジ金剛の入口

ここをスルーしさらに進むと!サクララウンジの入口に到達です。

様々な利用条件 SFCを提示して入室することもあり得る!

JALやワンワールドの上級会員として利用する場合

入口手前にはワンワールド上級会員向けのサクララウンジ入室条件が記載されています。

関西空港サクララウンジ入室条件

基本的には、以下2つの要件をクリアしたものだけがサクララウンジを利用できます。

  • ワンワールド便を利用する。
  • ビジネスクラス以上の利用者、ワンワールドサファイア以上の会員。

もちろん例外もあります。JALのプレミアムエコノミーを利用する場合はサクララウンジも利用できます。でも、当日アップグレードでプレミアムエコノミーにした場合は利用できません。などなど、ルールは複雑です。

スカイチーム上級会員として利用する場合

実はこの記事は、ベトナム航空で行くタイの旅のシリーズ記事でして、「2018年7月バンコク旅9」にあたる記事です。今回は、スカイチームのベトナム航空を使ったのですが、僕はスカイチームのエールフランス上級会員(エールフランスのマイレージプログラム、フライングブルーゴールド会員)でもあります。

その結果、同じスカイチームのベトナム航空利用時にもエリートプラスと呼ばれる上級会員として扱われます。

なので、ラウンジが使えるわけですが、関西空港の制限エリアにはスカイチームのラウンジはありません(一応、非制限エリアには大韓航空のKALラウンジがありますが・・・)。というわけで、ベトナム航空ではサクララウンジが指定ラウンジとなっているようで、サクララウンジへの招待状をもらいました。

つまり、スカイチーム上級会員でもサクララウンジを利用する場合があります。もちろん、サクララウンジを運営するJALはワンワールドというスカイチームとは違う航空連合なので、あくまでもサクララウンジが指定された場合は使えるということです。

ANA上級会員として利用する場合

南ウィングを利用するスターアライアンスの航空会社に搭乗する場合、ANAの上級会員やスターアライアンスの上級会員はサクララウンジへ案内されます。

チェックインの際に「サクララウンジがご利用できます」と案内されます。先ほど説明しましたが、シンガポール航空が利用する南ウィングにはJALが運営するサクララウンジしかないため、シンガポール航空はサクララウンジを指定せざるを得ないわけです。

僕はANAの上級会員なのでサクララウンジ入室の際、少しおかしな現象を体験できます。それがこちらです。

JALが運営するサクララウンジの入室の際に、ANAの上級会員であることを示すステイタスカードを提示して入室するのです。ANAとJALはライバルなので変な気分になります。

ANAの上級会員であることを提示したからといって、サクララウンジの受付の人に冷たい対応をされることはありません。だって、かなり多くの人がSFCを提示して利用しているのを見かけます。

朝と夜の混雑具合

めちゃくちゃ人が多すぎる午前

午前中の混雑具合についてですが、Too muchという言葉が適切だと思います。Tooという表現は、「〜過ぎる」という過度を表す表現でネガティブな表現だと思いますが、混雑しすぎで快適ではありません。

ダイニングエリアも混雑

関空サクララウンジの混雑

ダイニングエリアはかなり人が多く、座席も空いていません。これぞToo muchです。

関空サクララウンジの混雑ぶり

こっちのゾーンの方が窓があって開放的なので好きなのですが、こんなに混んでいるのならば、仕方がありません。奥の閉塞感のあるゾーンを使いましょう。

奥のエリアも混雑

関空サクララウンジの大混雑

って!?こっちも人でいっぱい!!?パッと見では空席を見つけられません。

なんとか、奥の方に何席か空席を見つけて着席です(空席なのに、食器類がそのまま置かれていて、空席かどうかわからない席がいくつかありました。日本はおもてなしの国ですから、お客さん側もしっかりサクララウンジに協力し、自分自身で食器類を返却しましょう)。

「関空でもっとも人口密度が高いのはここ!サクララウンジ!?」とさえ思うほどの人の多さから、圧迫感、生き詰まり感、不快感を感じるサクララウンジ滞在でした。

外でジュース買ってくつろいだ方が快適!

搭乗時間が近づいてきたため、ラウンジを退室してすぐに感じたのが開放感でした。そして、一番に目に入ってきたのがこちらの景色です。

こちらはサクララウンジ前のエリアですが、人がほとんどいません。先ほどのサクララウンジ内の人口密度とは比べ物にならないほど、こちらには圧迫感はなく、開放感満点です!

午前中にサクララウンジを利用したこの日の僕はラウンジでお茶を2杯しか飲まず、パソコンで仕事をしただけで、「人口密度高いなぁ。圧迫感すごい。息が詰まりそうだ」など感じていました。たった2杯しかお茶を飲んでいないのなら、自販機でお茶でも買ってこっちの共用のスペースで仕事をした方が人口密度も低く、開放的で充電だって充電コーナーでできるしで快適だったことでしょう。

午前中はエルファロル問題!?

午前中のサクララウンジに感じたことは以下の2つです。

  • サクララウンジは人が多くて、圧迫感、生き詰まり感、不快感がすごい・・・。
  • 外の共有エリアは、人が少なく、開放的で、気持ち良さそう!

とは言っても、ラウンジに行くことに意義がある!という貧乏人なので、どうしてもラウンジに行ってしまうわけです。ただ、そこには以下2つの問題があります。

  • 僕みたいな輩は、ラウンジに行くと幸福度や満足度が上がります。
  • 一方で、ラウンジに人が多すぎると、快適じゃないので、幸福度や満足度は下がります。

そのような条件で、ラウンジに行った方が幸せなのか?満足なのか?行かない方が幸せなのか?不幸なのか?

あれ?これってエルファロル問題!?などなど思いました。

毎週木曜日の夜、住民みんながエルファロル・バーに行きたいと思っている。しかし、エルファロルはとても小さく、もし混みすぎているなら行っても楽しくない。実際、非常にそうなっているので、人々の選好は次のように記述される:

  • もし60%より少ない住民がバーに行けば、彼らはみんな家にいるよりも良い時間を過ごすことになる。
  • もし60%より多い住民がバーに行けば、彼らはみんな家にいるよりも悪い時間を過ごすことになる。

引用元:エルファロル・バー問題 – Wikipedia

エルファロル・バー問題とは、午前中のサクララウンジのことだったんですね。

ほどほどに混雑する夜

一方、夜の混雑はどうなのでしょうか?

23時25分発のシンガポール航空に乗るためにサクララウンジを利用した際の話を紹介します。ラウンジに入室したのは21時30分ごろです。

午前中に訪問したときの様子は、座る場所がないくらいに大混雑で、心休まらないラウンジでした。今回は夜の訪問でしたのでほんの少しですが混雑は緩和されていました。

やっぱり慌ただしいダイニングエリア

まず、入室すると目に入ってくるのがダイニングエリア。ほどほどに人がいることがわかります。

ブッフェエリアにもほどほどに人がいます。このラウンジから人が全然いなくなる時間帯は存在するのでしょうか?

「あぁ、やっぱり混雑しているなぁ」と思ったのですが、奥の方へ行くと、そうでもなさそうです。

手前奥のソファーエリアはこの通り、空席が目立ちます。ですが、ダイニングエリアはやっぱり混雑を感じます。

このエリアは人はブッフェを求めて動くので、慌ただしい雰囲気があります。

すぐに空席を発見できる奥のエリア

一番奥のソファーエリアは、閑散とはしていませんが、空席がほどほどあります。

どこが空席かを探さずともすぐに見つかるくらいには空席があります。これくらいの混雑なら、まだ我慢してラウンジを使えそうです。

関空のJALカレーは成田羽田と違う!

航空会社のラウンジで楽しみにしているものと言えば食事です!関空は地方の小さな空港ですからあまり期待しない方が良いでしょう。

人気不人気の差が激しい食事

一番感じたことが、人気な食事の減り具合と、不人気な食事がいつまでたってもの残っていることです。

ウィンナーが比較的に人気で残りわずかなのですが、ハラル対応フードの温野菜は誰も手をつけません。

半分にだけ盛り付けされていますが、残りの半分は行方不明です。その後もずっと待ってましたが、結局半分しか置いていませんでした。そして、不人気なので全く無くなりませんでした。

右上のレンコンと人参のキンピラは大人気なようです。空になった食事はすぐ補充されるのですが、補充されるとみんなそれを食べるので、すぐにその料理は無くなります。

JALカレーは関空オリジナルカレー

まぁ、別に今まで紹介した料理には興味はありません。だってサクララウンジですから!

「ここに来たなら、カレーを必ず食べましょう!」と思ってビーフカレーのところに行くと、鍋ごとありませんでした。カレーも人気なのですぐ無くなるのです!

「が〜ん」と思いながら座席に戻り、数分してダイニングエリアに戻ると・・・。

ちょうど、カレーの鍋が補充されているところでしたので、補充後1番にカレーを取りました。無事にカレーゲットです。

ところで、サクララウンジで提供されているこのJALカレーですが、空港によって味が違います。

だって、中部国際空港のサクララウンジはココイチとコラボしていましたし、バンコクのサクララウンジではチキンカレーと書かれていましたので、空港によって味や種類が違うことは明らかだと思います。

そして関空のカレーも、成田・羽田のカレーと違うものです!関空のサクララウンジのホームページにそのように書いてあります。

JAL関西空港支店オリジナルの自信作、人気のカレーをご提供いたします。

引用元:関西国際空港 ラウンジ(ラウンジサービス) – JAL国際線

ああ、あれは成田で提供されてるものと別物だったのか。確かに、成田でJALカレーを食べた時はゴロゴロした牛肉がうまかったけど、関空のカレーにはそんなもの入ってなかったもん!

で、何が言いたいのかというと、関空サクララウンジのカレーと羽田・成田サクララウンジのカレーを比べたら・・・

絶対に羽田・成田サクララウンジのカレーの方がおいしい!!関空のカレーは・・・。

僕の周囲の友人も妻も言ってるの間違いないと思います。

妻は牛肉を食べない人なのに、成田空港ではJALカレーだけは例外だと言って食べるほどJALカレーが大好きですが、「関空のカレーは成田のと味が違うから」と口を濁していました。

まとめ

関空のサクララウンジの様々な独創的な点を紹介しました。

サクララウンジは基本的に混雑していますが、個人的にはSFCを提示してサクララウンジに入室することや関空のJALカレーが成田空港のカレーと違うことは大きな驚きでした。

前者に関しては別にシンガポール航空だけでなく、ベトナム航空を使用するSFC会員などのように他の航空会社でも当てはまる事象です。

後者に関しては、実は最近までその事実を全然知りませんでした。なぜなら、僕が成田空港のサクララウンジを利用したことが1回しかないからです。だから、最近まで関空サクララウンジのカレーがJALカレーだと思い込んでいたのです。

もちろん関空サクララウンジのカレーもおいしいですよ。でも、成田羽田レベルにおいしいか?と問われると「いいえ」と答えます。

おしまい。