2018年度スーパーフライヤーズラウンジカード到着で思った4つのこと

ANAのプラチナ会員以上になるとSFC会員(スーパーフライヤーズカード会員)になれます。SFC会員≒ANAプラチナ会員なので、優先搭乗やANAラウンジの利用などの優先特典を受けられます。

今回、そのSFC会員のラウンジカード、スーパーフライヤーズラウンジカードが届きました。

スポンサーリンク

1つ目 ドキッとしたANAから届いた封筒

3月SFCラウンジカードが届くなんてことはすっかり忘れていましたので、ANAから来た封筒が届いたとき、ドキッとしました。

なぜなら、封筒にこんな文言が書いてあったからです・・・。

重要なお知らせがございます

今すぐご開封ください」(封筒の開き方が汚くてすみません。)

「重要なお知らせ」とは何なのか?頭の中で様々なことを考えました。

  • もしかしてカード代を支払い忘れていて、SFC剥奪された!?
  • 機内での態度が悪いから、SFC剥奪!?
  • ラウンジで食べまくり、飲みまくりだからSFC剥奪!?

悪いニュースの予感しかしません。「SFC剥奪します」とか、もしくは「ANAに搭乗することを拒否します」とか、とは言っても心当たりは全然ない・・・。

しかも、「今すぐ開封」とも書かれていますが、重要性だけでなく緊急性もあるようですから、それだけ大切なお知らせなのでしょう。

2つ目 SFCのラウンジカードはここ3年間変化なし

封筒の中に入っていたお知らせを見てすぐに何のお知らせなのかを理解しました。

「ああ、よかった。新しいラウンジカードが届いたんだ!」という訳で、2018年度のSFCラウンジカードはこちら!

デザインは前年度のものと変わりありません。さらにいうと、2016、2017、2018とデザインは変化なしです。

3つ目 SFC会員にSFCを案内する理由がわからない

封筒にはこんなものも入っていました。

  1. ANAスーパーフライヤーズのご案内
  2. ANAスーパーフライヤーズご利用のご案内

すでにSFC会員である僕に「1. ANAスーパーフライヤーズのご案内」を入れておく必要はあるのでしょうか?

僕は、すでにJCBブランドのスーパーフライヤーズカードを持っていますので、今更スーパーフライヤーズのご案内をされても・・・てな感じです。

このご案内を見て、ブランドをVISAやアメックスに変更したり、普通カードからゴールドやプレミアムに変更したりする人が出てくるのかもしれません。

4つ目 SFCのラウンジカードの必要性

もう一つ、こんなものも入っていました。

ANAマイレージクラブアプリのお知らせです。

アプリを持って入れば、アプリ内にあるデジタルカードを使うことで、プラスチック製のSFCのラウンジカードを代替することが可能です。

つまり、今回届いたラウンジカードを持ち歩かなくでも、アプリをスマホに入れておけば良いのです。

「えっ?てことは、今回届いたプラスチック製のラウンジカードは不要ってこと?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

国内空港だと、スマホアプリでも問題なしですが、海外だとスマホアプリが普及しておらず、スマホアプリのデジタルカードを見せても、空港職員が「?」な感じになってしまうことがあるようです。

僕の嫁も、「特典航空券ではラウンジ入室拒否?SFC家族会員の嫁に起きた事件」にて書きましたように、タイのスワンナプーム国際空港にてスマホアプリを提示したところ、ラウンジ入室を拒否されるという事件に遭遇したことがあります。

なので、まだまだプラスティック製のラウンジカードは必要なのだと思います。

とは言っても、これだけデジタル化が進んだ社会なので1,2年もしないうちにプラスティック製カードを目にすることは無くなるのかもしれませんが・・・。

おしまい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク