ハノイ・ノイバイ空港の乗り継ぎ(ベトナム航空国際線)はワイロ必須?

先に言っておきますが、ワイロなんていりませんよ!求められることもありません!

この話は、ベトナム航空にてバンコクからハノイを乗り継いで関空へ帰ってきた際の、ハノイ・ノイバイ空港での乗り継ぎに手こずったときの話です。

皆さんは僕のようなことはないと思うのですが、僕は視野が狭いらしく、モノを探すのが本当に苦手でして、今回の乗り継ぎでは、出発フロアへ向かう入口をなかなか発見できず、右往左往しました。

実はホーチミン・タンソンニャット国際空港でも国際線乗り継ぎの入口がわからずに右往左往していました(詳細は「ホーチミン・タンソンニャット国際空港の国際線乗り継ぎは難しい?」にて)。

しかも、右往左往している原因は自分にあるにも関わらず、僕はベトナム人に対して失礼な思考をして、「乗り継ぎできないのは空港職員のせいだ!」とさえ思っていました。

沖止めなので、バスで空港ターミナルへ

ハノイ到着時は沖止めでした。通常、飛行機はボーディングブリッジと呼ばれる橋でターミナルビルとの間をつなぎ、乗客はボーディングブリッジを使って搭乗や降機します。

一方、沖止めの場合は、ターミナルビルと飛行機の間をバスで移動し、飛行機に取り付けられた階段を使って搭乗や降機します。

バンコクからハノイまで僕を運んでくれたベトナム航空機に「お疲れさま」と心の中で告げて、バスに乗り込みました。

このバスに揺られて満員のバスはターミナルビルへ到着しました。

Transferを追え

僕はこのあと、このハノイ・ノイバイ空港で別のベトナム航空機に乗り継いで関西空港に帰ります。

頭の中の計画ではこんな手順になっていました。

  1. 乗り継ぎの案内に従い、乗り継ぎの入口にたどり着く。
  2. 出発フロア(制限エリア)手前で保安検査を受ける。
  3. 無事、出発フロア(制限エリア)へ入る。
  4. ラウンジを楽しみ、その後関空行きの便に乗る。

なので、一番最初の手順である、「乗り継ぎの案内に従い、乗り継ぎの入口にたどり着く」を行う必要があります。

僕は、乗り継ぎを表す「Transfer」を目印にターミナルビルを歩きました。

バス降車後にエスカレーターで一つ上の階に行きます。

そのあとも、目を凝らして「Transfer」を追い続けます。

入国審査場手前に到達するも、どこに行けばいいの?

「Transfer」を追って歩いてきましたが、ずっと「Arrival(到着を表す)」の表記と「Transfer」の表記は一緒に掲示されており、最終的には入国審査場の手前まで到達しました(入国審査場エリアなので写真は撮っていません。以後示す安っぽいイラストは僕が記憶を頼りに作ったのもなので、わかりにくく不正確かもしれませんがご勘弁ください)。

このエリアに到達した僕は「本当にこのエリアなのか?」と不安に思いながら、このエリアに進入しました。

このエリアには、乗り継ぎカウンターがありますが、ハノイから関空への搭乗券を持っているので、乗り継ぎカンターには用はありません。

「入国審査場と乗り継ぎカウンターはあるけど、どこに出発フロアへの入口があるのだろう?」と探しました。

すると・・・。

ガラスの壁で囲われたスペースを見つけます。扉の向こうには上の階に向かうエスカレーターがあります。

「ああ、これだ、このエスカレーターで上の階に行くと、保安検査場につながってるに違いない!」

そう思い、扉を開けようとします。しかし・・・。

扉の鍵が閉まっています。

「ぬおぉぉぉ。なんで閉まってるの?ワイロと渡さないと開けてくれないとか?いや、もっと奥のスペースに入口があるとか?」と思い、奥のスペースも確認します。

でも、そこには何もありません。壁しかありません。

「えぇっ!!やっぱり空港職員にワイロ渡さないと、さっきの扉を開けてくれないのか?」

なぜ、「ワイロ?」と思った方もいると思うので説明しますが、僕は7年ほど前にベトナムを旅行したことがあるのですが、タクシーでぼったくられたり、お札をすり替えられたりと、ベトナムとお金に関して良い印象を持っていません。なので、この時は「扉が開かない」=「開けるにはお金をよこせ」=「ワイロ」という安直な思考になっています(もしかしたら、別の記事で「僕はベトナムに入国したことがない」みたいなことが間違って書かれているかもしれませんが、ちゃんと思い出すと僕はベトナムを訪問したことがありました)。

ついに入口から出発フロアへ!

僕「もしかしたら、僕が「Transfer」と書かれている案内をどこかで見落としていたのかもしれない!」

そこで再度、自分が到着した場所まで戻り、「Transfer」と書かれた案内に従って、歩いてみることにしました。

が・・・。

もちろん、同じエリアに到達しました。

僕「仕方がない、そこに立っている警察官みたいな制服を来た空港職員に聞いてみよう。きっと、そこでこう言われるんだ。『今持ってる日本円を全てよこしたら、あの扉を開けてやる!』と。」

日本円なら少ないですが多少持っていますので、腹をくくって、警察官みたいな格好の空港職員に聞きました。

すると・・・。

空港職員「あそこだよ!」

僕「!!!???」

指さされた方を見ると・・・。

さっき閉まっていた扉の反対側にも、全く同様のガラスの壁で覆われたスペースがあり、扉があり、中には上の階に行くためのエスカレーターがあります。しかも扉は開いています。

なぜ、これに気づかなかったのか?閉まっている方の扉とこっちの空いている方の扉は、乗り継ぎカウンターを挟んで綺麗に線対称に設置されています。しかも、それほど離れていません。

「ワイロを払わないと乗り継ぎさせてもらえない」と勝手にベトナムの人に対して失礼な思考をしていた自分が恥ずかしかったです。本当にごめんなさい。僕はまだまだ偏りのある人間なんだと反省した出来事でした。

その後は、無事に保安検査を通過し、出発フロア(制限エリア)にたどり着きました。

まとめ

ハノイ・ノイバイ空港でのベトナム国際線から国際線への乗り継ぎについての話でした。

  • 視野が狭くて、乗り継ぎの入口に気づかない。
  • 乗り継ぎするにはワイロが必要だという意味不明な思考。

そんな右往左往した乗り継ぎの話でした。

僕は妻がタイ人なので、「タイ人はこうだ!」みたいなステレオタイプな意見とか判断が嫌いなのですが、今回の体験は、僕自身「ベトナム人はこうだ!」というステレオタイプな思考をしていたことに気づく体験でもありました。

おしまい。

この旅のシリーズ記事