ラウンジパシフィック@関空は、ほぼクレジットカードラウンジ

実はイタリアに行ってきました。キャセイパシフィック航空で関西国際空港から香港を経由してローマへという旅です。

この記事はその第1回目の記事にあたりまして、まずは関空で案内されたラウンジパシフィックへ訪問した話を紹介します。

関空らしいラウンジでして、僕は貧乏人なので案内されれば断らずに行きますが、積極的に行きたいと思えるラウンジではないという印象です。

ラウンジ招待状は搭乗券に記載できないのかな?

チェックインは混んでいましたが、ワンワールドサファイアの資格を活用して優先レーンを利用したため混雑とは無縁なチェックインをしました。

ただ、ここで「うぅぅ・・・」と思うことがありました。

チェックインカウンターでたくさん紙を頂いたのです。

  • 関空-香港の搭乗券
  • 香港-ローマの搭乗券
  • 関空ラウンジパシフィックへの招待状
  • 香港のキャセイパシフィック航空ラウンジへの招待状

僕はすぐものをなくしたり、どこに何をしまったかわからなくなる人です。

あいこと
あいこと

こんなにたくさんもらったら、わけわからんくなる!!

だって、他にも小さいサイズの物を持ってるんですよ。

  • マイレージカード
  • KIX-ITMカード
  • 財布
  • パスポート
  • 両替でもらった免税店5%オフクーポン

どこにやったかを忘れないために全部手に持ってるんですよ。

とりあえず、チェックイン後にジャケットの胸ポケット、腰ポケット、裏側にあるポケット、ポロシャツの胸ポケット、カバンのポケットなどに格納しましたが、後ほど何度も「あれがない」「これどこやっけ?」となりました。

免税店で買い物したのですが、免税店5%オフクーポンは結局見つかりませんでした。

せめて、混乱を緩和するために、ラウンジ招待状を渡すのではなく搭乗券に「招待されているラウンジ:ラウンジパシフィック」とか記載する仕組みにしてほしいです。そういうところの方が多いと思うんですけど。

古い雰囲気の入口

と、ちょっと不満を思いながらラウンジパシフィックへと向かいました。ラウンジパシフィックへは行ったことがありません。初めてです。

初めてだとワクワクしますが、入口を見てワクワク感は急降下しました。

な、なんか古い・・・。

バブルくさい?JGCくさい?

古い空港に行くと僕がよく感じる「マニラのニノイ・アキノ空港第1ターミナルみたい」という感じでもあります(相変わらず例えが下手ですみません)。

キャセイパシフィックの他にはマレーシア航空やフィンエアーも利用しているそうです。

なぜかスターアライアンスのエアインディアもだそうですが、こっち側のウィングにはスターアライアンスのANAラウンジやタイ国際航空ラウンジがあるのに、なぜエアインディアはここなのか?

考えてもわかりませんでしたので、入室しました。

ラウンジ内を写真2枚で網羅できる狭さ

入室してすぐに感じた外との繋がりのない雰囲気から窓がないラウンジだとすぐにわかりました。

何より狭い!

他のブロガーの方も説明していましたが、広さに関しては写真2枚で説明できてしまう広さなのです。

手前側のエリア。

奥のエリア。

さらに奥のエリアにはさらに仕切りで分けられたエリアが存在しますが、分けられている意味は不明です。

関空らしいラウンジの食事

一応、航空会社が指定するラウンジですので、食事の提供もやっています。

でも、やっぱり関空です。温かい食べ物はありません。一番美味しいのはサラダかな?それ以外に何があったかな?と思うくらい何もない・・・。

仕方なく、サラダとヨーグルトを食しました。

このラウンジ滞在中に、一つの事件に遭遇しました。

日本のラウンジにはビールサーバーというものがあります。だいたいの場合、冷蔵庫からキンキンに冷えたジョッキを取り出し、そのジョッキをビールサーバーにセット、ボタンを押すとビールが注がれるという仕組みです。

1人のおじさんがビールを飲もうとビールサーバーへ向かったのですが、隣にある冷蔵庫のジョッキに気づかず、別の場所にあったワイングラスをビールサーバーへセットしました。ビールサーバーはジョッキをセットするものなので、ワイングラスだと不安定です。ボタンを押した途端に、ワイングラスはセットから外れ真っ逆さまに床へ落ち「ガシャーン」と割れてしまいました。

その後、ラウンジスタッフ3名ほどで清掃をしていましたが、おじさんは一切謝りもせずに「ワイングラスをセットできないビールサーバーが悪い!ラウンジが悪い!恥をかかせやがって!」かのような雰囲気で去っていきました。

おじさんって、なんでマナーが悪いんだろう?といつも思います。そんな僕も年齢的にはおじさんです。

まとめ

関西国際空港のラウンジパシフィックを訪問した話でした。

印象としては、クレジットカードラウンジ with 冷たい食事です。そんなワクワクするようなラウンジではなく、本当に最低限の機能があるラウンジです。

JGCの友人にその話をしたのですが、「ヨーロッパのラウンジなんて全部そんなもんだよ」ということでした。

香港やバンコクにあるような大きくてヌードルバーやシャワールームがある航空会社ラウンジが特別なのかもしれません。

おしまい。