社会人2年目なのに社内ニートになった話

社会人2年目の7月中旬以降の僕は全く仕事をしない人になりました。

担当した保守業務では、設計書がなく、僕のスキルもなく、お客さんからの問い合わせに全く回答できず、時間をかけて対応しようとしているものの、時間が経つだけ。

前任者の先輩に質問するも、僕の質問が悪いらしく欲しい回答が得られない、再度質問するのを躊躇し、状況は悪くなる一方。上司に相談するも、相手にされず、だんだん追い込まれていきました。

この状況が改善される唯一の方法は、「火災が起きて会社がなくなる」とか、「大きな災害が起きて業務を停止しなきゃいけない事態が発生」とか、「宝くじが当たって、もう働かなくていい」とか、それくらいしか考えられません。

そして、気づけば社内ニートになっていました。

担当量が減って行く

保守業務を一人で担当するようになってから2週間ほどした7月中旬、僕の仕事量は減っていきました。

僕のやっていた保守業務はこんな流れだった(ように記憶している)。

  1. お客さんから問い合わせ(エクセルの表に発生した事象などが書き込まれたファイル)が来る。
  2. エクセルの表にある担当者名欄に僕の名前を記入し、問い合わせ対応を開始する。
  3. 問い合わせ事象の原因などがわかったら、エクセルにそういう情報を記入してお客さんへ返信する。

この業務は僕一人でやっていたので、お客さんから来た問い合わせ数十件の全ての担当者名欄には僕の名前しか書かれていません。

しかし、エクセルの担当者名が知らない間に僕の名前から、先輩社員の名前に変わっていることに気づきました。

「あれ?僕の名前じゃない」

しかも、エクセルの表にある状況欄には「対応済み」になっています。

僕は問い合わせの1つも解決していないので、全てが「対応中」なはずなのですが・・・。

知らない間に、何か起きているようです。

悪化する状況を上司に相談するも諦めた僕」にて、上司にこの状況を相談したけれど相手にされなかった話をしましたが、もしかしたらその相談によって、上司が何かしたのかもしれません。

でも、それを聞きにいく勇気がない。

そもそもどんな顔をして聞きに行くんだろう?なんと話しかければいいのか?声の大きさは?声の大きさがわかっても、どうすればその声の大きさになるのか?

そういうのをもう考えたくありません。

だから、気づかないフリをしました。

やがて、問い合わせに対して「対応中」だったものは全て「対応済み」になりました。もちろん、僕は何もしていません。

僕が1ヶ月近く朝から晩までやっても何も進展がなかった問い合わせに対して、先輩たちは業務の片手間にさっさと対応したわけです。

担当がゼロになる

8月になると、もはや僕の出番はありませんでした。

問い合わせがきて、エクセルの対応者欄に僕の名前を書いても、気づけば先輩の名前に変わっていました。

そして、やがて僕はエクセルの表に自分の名前を書くこともやめました。

お客さんから問い合わせが来ると、オフィスのサーバーに最新のエクセルファイルを置くだけになりました。じきにそれもしなくなりました。

「会社で言葉を発さなくなってから、どれくらいたったんだろう?」

もう、自分から何かしようと思う気力はありません。

真冬にぬるま湯に浸かったまま、風呂から出るタイミングを失ったみたいです。

今の環境から抜け出そうと、自分から行動を起こすなんてことは全然できそうにありません。

だって、今日がよければそれでいいのです。それによって明日、困るようなことになっても、もうどうでもいいです。

完全に社内ニートへ

2010年7月前半は、成果が全くない時期でした。

2010年7月後半から8月は、仕事を全くしない時期になりました。

外から見ていると何も変わりません。どっちも成果ゼロなので。ただ、7月後半から8月は間違いなくやる気がゼロになり、会社に行くだけの人になりました。

  • 会社はほぼ毎日5〜10分遅刻。
  • 午前中、ネットサーフィンで時間を潰す。
  • 昼食中、イヤホンで外の音を遮断して朝コンビニで買ったパンやおにぎりを一人で食べる。
  • 午後、ネットサーフィンで時間を潰す。
  • 定時に帰る。
  • お酒をたらふく飲む。
  • 朝が嫌なので3時30分まで起きる。

会社に行くのは辛かったですが、休むことはしませんでした。

なぜなら、突然休む場合は上司に電話をしなければなりません。

一体、どんな声で、どんな理由で、電話すればいいのかわかりません。それを考えたくありません。

有休は取っていました。というより、8月は7日くらい有休を取りました。金曜を休みにして3連休、4連休にしたりしました。

一方で、お盆休みは有休を取りませんでした。なぜなら、お盆休みはみんな休みにするのでオフィス内に人が少なく、出社した方が快適だからです。

こうして7月も8月が過ぎて行くことになりました。