タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジ@香港は椅子がカラフル

香港国際空港乗り継ぎ時に、ロイヤルオーキッドラウンジへ行ってきました。ロイヤルオーキッドラウンジは、スターアライアンスメンバーのタイ国際航空が運営するラウンジです。

椅子がカラフルなラウンジなのですが、何となく統一感がないラウンジでしたが、洗練されすぎているよりそれくらいが僕にはちょうどいい感じでした。

到着後、どこに行けばいいのかわからなかった

香港国際空港到着後、どこに行けば良いのかわかりませんでした。

乗り継ぎの矢印↑はあるのですが、全員その矢印とは反対方向を目指して歩いているのです。

う〜ん。どうみても写真左手に乗り継ぎカウンターがあると記載されているのですが、みんな右側へ行きます。つまり、乗り継ぎカウンターへ行くには、この人の流れに逆らって逆走する必要があります。

「僕が目指している乗り継ぎカウンターの方向が左手、みんなが目指している入国審査場が左手にあるのだろう」と思いましたが、それでもたった1人僕だけが逆走しているのはすごく変なわけです。

すごく心配になりながら1人逆走しました。すると、それらしいものがありました。

ここを通過して、無事に出発フロアに到着しました。

たまたまラウンジエリアを発見し入室

こうした乗り継ぎカウンターは香港国際空港のいくつかあるそうで、空港は広いのでシャトルもあるそうですが、詳しくは知りません。なぜなら、僕がたまたま見つけた乗り継ぎカウンターW1は、僕が利用する搭乗ゲートのすぐ近くだったようです。

何も考えずに一番最適なルートで乗り継ぎをしたので、何も説明できません。

出発フロアに到着すると、すぐにラウンジへの案内を見つけました。

「あれ?香港国際空港って大きなはずなのに、こんなに簡単にラウンジを見つけられるとは、意外に狭いの?」とさえ思うほど僕は最適ルートを歩いていたようです。

ラウンジは出発フロアの1つ上の階にあります。エレベーターで上がっても良し、エスカレーターで上がっても良しです。

ラウンジエリアには、ユナイテッド航空、エミレーツ航空などの航空系のラウンジと、アメックスカードのラウンジ、プライオリティパスで入室できるプラザプレミアラウンジがあります(プラザプレミアラウンジは外から見てもわかるほどに大混雑でした)。

タイ国際航空のラウンジは僕が上がってきたルートからは見えない位置にあったため、誘導看板が建てられていました。その看板を右に曲がると、入口です。

タイ国際航空のCAさんパネルがお出迎えです。

カラフルな分、統一感ないラウンジ

受付にて搭乗券とマイレージカードを見せると左側に案内されました。

右側はファーストクラス搭乗者が利用できるラウンジのようです。

「Royal First Class」と書かれていました。パッと見た感じ、ファーストクラス用のエリアの方が雰囲気やデザインが良かったです。

椅子の統一感がない気がする・・・

さてさて、ラウンジに入ったらまずすることと言えば、座席取りです。

大きくないラウンジなので基本的にはこの写真に映っているのがロイヤルオーキッドラウンジです。

別の角度から撮影するとこんな感じです。

どうですか?写真が綺麗じゃないのはごめんなさい。でも、椅子がカラフルすぎて統一感がなく感じてしまいませんか?特に黄色の椅子に至っては汚れが目立ってて、座りたくなかったです。

この統一感のない感じは、タイ国際航空の機内シートにも当てはまることだと思います。紫で統一すればいいのに・・・。

もちろん椅子もテーブルも高いカウンター席的なものもありました。

何度かこのブログで言ったことがあるのですが、僕は背が低いのでこのタイプはすごく嫌いです。

一部だけイケてる場所がある

一部ですが、イケてるエリアもあります。

ここは屋根が付いています。さらに奥にはガラスで仕切られたスペースもありますので、そこが一番快適なのではないかと思います。

このエリアは、先ほどのカラフルな雰囲気とは違い、落ち着きのある雰囲気です(写真が残念なのはすみません・・・)。

久しぶりに見た烏龍茶の缶

ラウンジに来たのでご飯を食べたのですが、フードエリアはラウンジに入ってすぐにあります。まぁまぁの品揃えでした。関西空港のANAラウンジやサクララウンジより揃っている感じです。

ここで懐かしいものがあったので思わず取ってしまいました。

食べたものとしては、肉が食べたかったので肉を食べましたが、野菜も取らなきゃまずいかなと思い野菜も取り、ここは香港だからということで中華まんを取りました。

そして、缶の烏龍茶があったので思わずとってしまいました。なんだか懐かしくないですか?昔は缶の烏龍茶をよく見た気がします。でも、今では全く見ません。ペットボトルの烏龍茶しか見ません。なぜなくなったのか知りませんが、缶の烏龍茶って冷たくて美味しかったですよね!

このラウンジでも冷たくいただきました。

まとめ

タイ国際航空が運営する香港国際空港のロイヤルオーキッドラウンジへ行った話でした。椅子の色を揃えるだけでも、統一感が出て良いと思うのですが・・・。なぜ赤、紫、黄色、緑などの様々な色を使うのだろうか?と感じたラウンジでした。

でも、それくらいの方が僕は緊張せずにリラックスできるのでちょうどいいラウンジです。

おしまい。