JALのCAさんに勇気を出して声をかけ都道府県シールをもらった

皆さんは飛行機のCAさんと話したことがありますか?

僕は、コンビニでよく行われる「箸何膳必要ですか?」「1つで・・・」くらいのレベルの会話くらいしかないです。そのため、機内で写真を撮影した際に、CAさんが僕に「いい写真が取れましたか?」と突然尋ねてきた際にはアワアワすることしかできませんでした。

それにCAさんと比べると、僕は田舎のじゃがいものような存在です。そんな僕がCAさんに声をかけるというのは恐れ多いのです。

しかし、JAL都道府県シールをもらうために、勇気を振り絞ってCAさんに声をかけた伊丹空港から仙台空港への話です。

JAL都道府県シールとは

正式にはJAL TODOFUKEN SEALと言い、2017年10月3日から始まったサービスで2019年3月31日まで行われています。もらい方は簡単で国内線のCAさんに「都道府県シールください」と尋ねるだけです。

白地に赤で各都道府県を象徴する景色が描かれたシールで、シール1枚の大きさはクレジットカードの半分くらいの大きさです。

僕はJ-AIR運行便でしか頂いたことがないためJ-AIRの話しかできませんが、J-AIRでは1人のCAさんから2枚頂け、さらに可愛い入れ物ももらえます。

そんな僕の都道府県シールデビューのフライト。

搭乗後から離陸前には声をかけられず

僕を仙台まで運んでくれるJ-AIRの飛行機ですが、空港によっては写真のように先頭が見えない場合があります。少しがっかりしますが、仕方がありません。

やがて優先搭乗が始まりましたので、喜んで優先搭乗しました。

この便で優先搭乗する人はあまり多くありません。やっぱり優先搭乗の人数が少ないと快適な気分になります。

優先搭乗は少なかったのですが、機内はほぼ満席でした。

そして、僕は後方座席が好きなのですが、今回は前方しか空いていなかったので前から4列目の座席になりました。

窓から外を見ると、エンジンと羽根が見えます。

搭乗してから飛び立つまでのタイミングでCAさんに「あの〜都道府県シールください」と声をかけるチャンスは2度ほどありました。

しかし、今まで都道府県シールをもらったことがないわけです。CAさんが素早く都道府県シールを取り焦るのかどうかもわかりませんし、いつが一番余裕がある時間帯なのかわかりません。

考えれば考えるほど不安が大きくなってきました。僕の頭の中ではこんなことを想像するくらいに不安になりました。

あいこと
あいこと

あの〜都道府県シールください。

申し訳ありません。J-AIRでは提供していません。

申し訳ありません。期間終了いたしました。

ネットでJ-AIRでも提供されていること、2019年3月までやっていることは確認済みですが、読み間違いの可能性もあります。

飛行機はそんな僕のこと放ったらかして、伊丹空港を飛び立ち仙台空港へと向かいました。

機内ドリンクサービス時に声をかける

フライトが落ち着いた頃に機内ドリンクサービスが始まりました。

普通に考えるならば、ドリンクを注文するときか提供される際に「都道府県シールください」と言うのがベストタイミングだと思います。

じゃじゃ〜ん。注文する際に「ください」と言いました。CAさんは笑顔で都道府県シールを渡してくれました(すごく嬉しかったです。そして入れ物がかわいい)。

小さな勘違い

CAさんが都道府県シールを渡す際に何か言ってました。ただ、ちょうど機長のアナウンスが始まったタイミングと被ってしまい聞き取れませんでした。聞き取れたのは、「宮城」「大阪」の2ワードだけ。

僕はその2ワードから、CAさんは「宮城県出身の大阪です」みたいなことを話したのだと思っていました。なぜなら都道府県シールはCAさんと縁のある都道府県のシールを持っているとのことだったからです。

あいこと
あいこと

へぇ〜。宮城県出身の大阪さんだから、宮城県と大阪府なのかぁ。

でも、それはおそらく僕の想像違いです。降機の際にCAさんの名前を見たのですが、大阪さんではありませんでした。

なぜ、大阪と宮城だったのか?

大阪国際空港(伊丹空港)発の宮城県仙台空港行きだから、大阪府と宮城県だったようです(もしくは、1人が大阪出身、もう1人が宮城出身だったのでしょう)。

仙台到着

仙台空港に到着するまでの間、僕は何枚も都道府県シールの写真を撮影しました。

あいこと
あいこと

仙台に到着したら、写真をインスタグラムに投稿して空港おじさん活動をしよう!

このシール、想像以上にしっかり作られていてクオリティーが高いです。大きさはクレジットカードの半分くらい。僕はロゴがダサい無名ブランドの財布を使っているのですが、そのダサいロゴを隠すために財布に1枚貼りました。もう1枚はパソコンに貼りました。

記念に取っておく人も多いようですが、僕は記念にとるより使う派の人です。47都道府県コンプリートすると記念品がもらえるそうですが、さすがにそこまでは集められないので・・・。

そんなことをしているうちに宮城県上空へ到達し、あっという間に仙台空港へ到着しました。

まとめ

伊丹空港から仙台空港へのフライトで、勇気を出してCAさんに声をかけて都道府県シールを獲得した話でした。

都道府県シールは無料ですし、内容もしっかりしたシールですのでクオリティーや満足度も高く、JALを利用する方はぜひもらいましょう。

旅の思い出になること間違いなし!

おしまい。