ゴールドカード不携帯なのにカードラウンジに入室しようとして断られた話

今回、カードラウンジに入室できなかったという話です。

なぜかって?

ゴールドカード不携帯だったからです。

正直に憚らずに言うと、カードラウンジのことを「JALが運営するサクララウンジやANAが運営するANAラウンジなどの航空会社ラウンジより格下」など心の底では思っていた僕は、なぜかわかりませんが当然入室できると思っていました。

でも、カードラウンジってゴールドカードが必要なんですよね。

そのことをすっかり忘れていて、ラウンジ入口で恥をかいた話です。

クレジットカードラウンジは航空会社ラウンジに劣るという固定概念

僕はJALはJGC会員、ANAはSFC会員です。

これらは上級会員と呼ばれていて、実際には準上級会員くらいなもんなのですが、それでも様々な優先サービスを受けることができます。

通常、JGC会員はJGCクレジットカードというカードを持っています。

画像元:JALマイレージバンク – JALグローバルクラブ:ご入会にあたって

SFC会員も同じくSFCと言うクレジットカードを持っています。

画像元:スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

僕は、JGCはJALグローバルクラブCLUB-Aカード、SFCはANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)を持っています。

これらクレジットカードを持っているかぎり、優先サービスを受け続けられると言う仕組みです。

その一つにJALが運営するサクララウンジやANAが運営するANAラウンジなどの航空会社ラウンジにアクセスできるという優先サービスがあり、僕は毎回のように利用させてもらっています。

そして、航空会社ラウンジの素晴らしさはこのように表現されています。

航空会社ラウンジ>>>>>クレジットカードラウンジ

まぁ勝手に僕が思っているだけですが、クレジットカードラウンジを見下していたことにより恥をかいた話になります。

ゴールドカードのハードルはSFCやJGCより低いという認識で大事なことを忘れる

クレジットカードラウンジは航空会社ラウンジより劣っていると心の底の見えないところでは思っていた僕は、なんとなく「カードラウンジはハードルが低い」という認識が出来上がっていました。

実際、JGCやSFCになるには1年間で50万円ほど飛行機に乗らなければなりませんが、ゴールドカードを持つのはそこまで難しくないので、カードラウンジはハードルが低いという認識は間違ってはいないかもしれません

  • JGCやSFC:ハードルが高い
  • ゴールドカード:ハードルが低い

これらの認識の結果、ラウンジに関してもこういう認識を持ちました。

  • 航空会社ラウンジ:ハードルが高い
  • カードラウンジ:ハードルが低い

で、この結果、さらに僕の認識はこんな感じになっていました。

  • 航空会社ラウンジ:僕は入室できる
  • カードラウンジ:僕はもちろん入室できる!

結果、僕はカードラウンジ入室にはゴールドカードの携帯が必須という一番大事なことを忘れていました。

ゴールドカード不携帯であることを忘れて入室を断られる

さてさて、カードラウンジに入室するには、ゴールドカードが必要なわけですが、そういうことは一切考えつきませんでした。

あいこと
あいこと

カードラウンジ?もちろん入室できるよ!

と意気揚々と伊丹空港のカードラウンジ・ラウンジオーサカへと向かいました。

ラウンジオーサカは保安検査場や到着ゲートがあるフロアより1つ上の中央ブロック3階にあります。

廊下を進むと、入口があります。見た感じズバっとカードラウンジな雰囲気な入口です。

当日の搭乗券、そしてJGCクレジットカードを提示して入室しようと思いました・・・が・・・。

入室できませんでした。

受付の人に「こちらのカードをお持ちでしょうか?」みたいなことを聞かれました。

あいこと
あいこと

あっ・・・。しまった・・・。

そうなんです。僕はカードラウンジに入室できるクレジットカードを持っていないのです。だって持っているクレジットカードは、JALグローバルクラブCLUB-AカードとANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)です。てっきりJGCのクレジットカードで入室できると思っていたのですが、よく考えるとこれはゴールドカードではないんです。

後ろにも人が並んでいたので、すごく恥ずかしかったです。僕はゴールドカードも持っていないのにラウンジに来た間違った人なわけです。「すみません、すみません」と謝りながら退室しました。

もちろん、JGCやSFCのクレジットカードにもゴールドカードはありますので、JGCやSFCのゴールドカードを持っていればカードラウンジに入室できます。でも、僕はどちらも普通カードしか持っていません。そして、カードラウンジはハードルが低いという固定概念によって、僕がゴールドカード不保持者であることを忘れてしまっていました。

まとめ

慣れないことをするとミスをするんだなぁと思った体験でした。

考えてみると、その日はJALを利用したのでサクララウンジを利用できたのに、あえてカードラウンジを訪問するという謎な行動をとったことも失敗の原因の一つです。

また、自分が航空会社の上級会員であることから、カードラウンジを見下していたのも一つの原因だと思います。JGCやSFCごときが、こんな考え方をしているのは身分不相応ですよね。

おしまい。

【この記事の続き:2020年1月バンコク旅行3】飛行機から富士山を見るために必要な5つのこと