ハウステンボスで不満だった4つのことを全部紹介!!

2泊3日に渡り楽しんだハウステンボス。多少はビミョーなこともありましたが全体的に好印象でした。

ハウステンボスで楽しかったことランキングベスト5
ヨーロッパの街並みを再現したテーマパーク ハウステンボスを2泊3日に渡り楽しんで参りました。 基本的に全てが楽しい場所です。その中でも何が一番楽しかったのか?満足したのか? ...
ハウステンボスでビミョーだったアトラクションランキング!ワースト5
先日「ハウステンボスで楽しかったことランキングベスト5」という記事を書いたのですが、ほぼ全てが楽しかったことを紹介しました。逆に、アトラクションについてはランクインしませんでした。...

でもね。良いことしかなかったわけではありません。不満なこともありました。

良いところばかり紹介するのも本当の声だけど、悪いところを紹介するのも本当の声だと思うので紹介します。

値段が高い

僕の収入的なものは以下のような感じです。

  • 月の手取り28万円で交通費支給なし賞与なし
  • 毎月の奨学金返済額約78000円
  • その他研究に関する出費が多い

大学研究員なんでそんなもんです。そんな僕からすると、今回のハウステンボス関連の出費はかなり高かったです。

交通費

伊丹空港から長崎空港へはJALのどこかへマイルを使いましたので比較的安くですみました。1人往復6000マイル、妻と2人で12000マイル。

長崎空港からハウステンボスのバスが1人往復2400円。妻と2人往復で4800円。

宿泊費

ハウステンボスを2日連続で楽しむためにオフィシャルホテルのホテル日航ハウステンボスに泊まりました。2名2泊3日で約45000円です。

1人で1泊ならそこまで高くないのですが、妻と2人で2泊なので単純に4倍高くなります。

今後、子どもができて家族が増えたら、いったいどうやって家族旅行に行くのでしょう。

食事

宿泊したホテル日航ハウステンボスのレストランも、ハウステンボス内のレストランも、非常に高いです。

吉野家の牛丼並くらいの価格で提供されてるものはありません。

ただハウステンボス入口近くにはコンビニがあるので、毎食コンビニ飯にしました。それも、毎食おにぎりです。ハウステンボスにいた2泊3日で、僕は150円くらいのおにぎりを6個くらい食べました。妻は10個くらい食べてました。

入場料

ホテル代も高かったですが、入場料も高かったです。

僕と妻は初日の15時から翌日いっぱいまでハウステンボスを楽しめる1.5Dayチケットを購入しました。

ハウステンボス1.5DAYパスポート購入方法や使い方を4つのポイントで紹介!
ハウステンボスに入るのは有料です。そしてパスポートを購入する必要があります。1Dayパスポートやアフター6パスポートなどは名前の通りイメージできると思います。 しかし、今回紹...

1枚9000円。

妻と2枚で18000円。

高い・・・。高すぎる。

このチケットは初日の15時から22時までと2日目の10時から22時までの19時間ハウステンボスで遊べますので、1時間あたりの費用は約530円です。

毎時間530円支払ってるなら、もっともっと楽しめばよかった・・・。

あいこと
あいこと

この2泊3日の旅行にかかった費用は約7万円と12000マイル!!!

たったの3日間で7万円も使うなんて・・・もったいない!

愛想がないスタッフがいる

おもてなしとか、ホスピタリティとか、そういうのって大事だと思います。入場料がかなりの金額なのですから、そういう点でがっかりしたくないわけです。

今は亡きスペースワールドは素晴らしかった

僕の故郷は北九州です。北九州の人にとって一番有名なテーマパークはスペースワールドです。

僕もよく行ってました。

スペースワールドのスタッフの方は心地いい声のトーンやリズムでアトラクションを説明したり案内してくれる点も好きでした。

あいこと
あいこと

あのホスピタリティは本当にすごかった。

ハウステンボスのホスピタリティーは・・・

しかし、ハウステンボスでは愛想がないスタッフが目につきました。

同じ説明を1日に何百回と発しているのから飽き飽きしてるのかもしれませんが、そういうスタッフを見かける度に、「この人疲れてるんだなぁ」とか、「怒ってるのかなぁ?」とか、「家族のために仕方なく働いてるのかな?」とか、そんなことを考えてしまいました。

注意事項を説明するスタッフの中には上から目線で説明するようなスタッフもいました。ホストとゲストではなく、刑務官と囚人みたいな関係かと思いました。

あいこと
あいこと

そういうスタッフの方に出会うたびに楽しかった気分が一気に消えて、現実世界と同じかく相手の顔色を伺ったりしなければならず疲れました。

多言語対応してない

ハウステンボス内を歩いていると、中国人観光客がたくさんいることがわかります。韓国人観光客もいます。僕と一緒にハウステンボスを訪れた妻はタイ人なのですが、ハウステンボス内で出会ったタイ人と会話もしていました。

それくらいに外国の方が多く来ています。現にハウステンボスのホームページも多言語対応しています。もちろん、マップやリーフレットなどは多言語対応しています。

アトラクションに関しては完全に日本語です。説明も日本語で、映像も日本語という具合(一部アトラクションでは、イヤホンを挿すと英語ガイドが聞けるというものもありましたが、古い施設だったためか英語ガイドは流れてきませんでした)。

映像を見るだけのアトラクションの場合、日本語で流されるので妻は一切理解できません。ただ迫力のある映像を見るだけ。

そこで、僕が同時通訳を試みるのですが、やがて逐次通訳になってしまい、しまいには通訳が間に合わず、僕の方まで日本語を聞き取れず内容がわからなくなるという始末。しかも、通訳はかなり疲れます。

もしかしたら通訳機などあったのかもしれませんが、気づかなかったということは、ないのだと思います。

あいこと
あいこと

とは言っても、来場者の大半が日本人だし、多言語を話せるスタッフを雇うのも難しいので、仕方がないでしょう。

パスポートが管理しにくい

滞在中に何度も何度も「あれーどこだっけ?」となったのがパスポートです。ハウステンボスを楽しむにはパスポートは必須です。

このパスポートですが、財布に入れにくいし、落としたら大変なのでポケットにも入れにくい。紙なので手で持ち続けると手汗でしわくちゃになってしまいます。

そこで、落とさないし、しわくちゃにならない場所に収納するのですが・・・。

アトラクションや施設の入口でパスポートの提示が求められるのですが、その度に「あれ?パスポートどこだっけ?」と探さなければならず、めんどくさくて不満でした。

事前に首から下げる名札ケースを購入した方がよかったと思います。

あいこと
あいこと

この不満はハウステンボスに対する不満というより、僕のシミュレーション不足に対する不満ですけどね。

不満はあるけど完璧な旅行なんてないから仕方がない

そんな感じで、お金がかかったり、愛想のないスタッフに怯えたり、慣れない妻のための通訳をしたり、パスポートの提示でストレスを感じたりしましたが、これらの不満点はかなり頑張って絞り出したものです。それを消してしまうくらいハウステンボスは楽しい場所でしたので、みなさん怖れずにハウステンボスを楽しみましょう。

お金が高いのは、ハウステンボスを楽しむためには仕方がないことです。

愛想がないスタッフもいますが、そんな彼ら彼女らだって頑張ってるのです。きっと、スタッフの視点から見れば迷惑な客もたくさんいて、そのせいで疲弊しているのかもしれません。

多言語対応してなかった点は、僕がもっと英語を勉強してスラスラ通訳できるように頑張ればいいのです。

パスポートの提示を簡単にするために首からかける名札ケースを買えばいいのです。

おしまい。