悪くなっていく一方の休職初期まとめ

社会人2年目の9月、社内ニートだった僕は仮病による欠勤を繰り返し、うつ病と診断され休職することになりました。休職は7ヶ月間続くことになります。

この記事はその休職初期にあたる3ヶ月のことについてまとめたものです。

詐病?新型うつ病?

休職直後は開放感が強く、元気になりました。しかし、休職が決まっただけでこんなに元気になる僕は本当にうつ病なのか?という疑問がありました。詐病なのでは?

ネットで調べてみると新型うつ病というどう見ても「甘え」としか思えない病気と症状が似ていいて、「やっぱり甘えだったんだ」と働くことから逃げた自分自身に失望しました。

>>>新型うつ病なのかもしれない!と知ったときの失望感

好きから嫌いへ

休職中はやることもありませんが、面白いと思えることもありませんでした。ボケーっと布団に横たわりテレビやネットを見るだけで。やがて新しい情報はなくなり、この世の全ての情報を一度は閲覧したのではないかと思うほど飽きてきます。

そんな時、通勤時によく聞いていた音楽のことを思い出しました。聞いていると落ち着くし、大切にしていたことを思い出させてくれる曲で、被災しぶりに聴きたくなりました。

でも、聞いてみると、嫌な出来事ばかり思い出す嫌いな曲になっていました。

>>>好きな曲が嫌いな曲になっていた話

休職中の生活

休職が始まると生活のリズムはめちゃくちゃになりました。寝てばかりなので常に布団の上で生活し、ご飯はコンビニ食ばかりで美味しくなく、シャワーも全然しないので体は常にベトベトしていました。

閉塞感再び

休職して2週間ほど経った頃から再び閉塞感を感じるようになりました。ただ休んでいるだけですから、僕が抱えている様々な問題が解決される訳ではありません。コミュニケーションが苦手、仕事が遅くミスが多いなどの僕が抱える課題は解決されていないのですから、復職しても再び同じ状況になるだけです。

やっぱりうつ病ではなく、甘えではないか?とも思いながら、残りの2週間も自堕落な生活を送りました。

>>>休職期間の半分が終了し再び閉塞感が出現

休職延長

休職終了まで残り10日ほどになった頃に心療内科に行きました。僕の心療内科は今思うと変だったなぁと記憶があります。長い待ち時間と短い診察時間を終えると、僕はさらに2ヶ月休職を延長する診断書をもらいました。

>>>心療内科へ行くのもしんどいのに休職延長の診断はたったの1分

外出恐怖

ずっと外に出られませんでした。心療内科に行くときとコンビニに行くときだけ、でもどっちの時も外出は苦労しました。

外出するとみんなに笑われてる気がするんです。だって、みんな働いてるんですよ。正規分布の外れにいることを感じました。

>>>みんなに笑われてる気がして外出できない

サラリーマン時代全体のまとめページへ

以上が、休職初期の3ヶ月の出来事です。

悪くなる一方でしたが、その後両親にうつ病で休職していることを伝え実家で生活することで少しづつ回復していきます。

>>>【この記事の続き】実家で過ごし少しずつ元気になっていく休職中期まとめ

>>>【上位カテゴリーへ】社内ニート、うつ病、休職を経験した僕のサラリーマン時代まとめ

05. 休職前半編

心療内科へ行くのもしんどいのに休職延長の診断はたったの1分

休職前は2週間に1回の心療内科への通院は、休職に入ってからは週1回の通院に変わりました。 ただ、通院回数が増えたからと言って、目に見えて元気になったかというとそんなことは一切...
05. 休職前半編

休職期間の半分が終了し再び閉塞感が出現

1ヶ月間の休職期間の前半2週間を終えた頃からジワジワと開放感がなくなり、閉塞感が現れました。 「会社に行きたくない」 2週間後に会社に行けるような気がしません。それ以前...
05. 休職前半編

布団中心の生活 シャワーを浴びても体がすぐベトベト

うつ病による休職が必要と診断されて始まった休職生活では、やる気がほぼないので生活に必要ないことは全てやらなくなりました。 それでも憲法に保障された生活よりかなり上の生活をして...
05. 休職前半編

めんどくさくて同じものばかり食べてたら食事が不味くなった

うつ病による休職が始まり1日、2日は開放感から元気になった気がしましたが、その後はそんなことはなく、ズルズルと日々を過ごすだけになりました。 何もすることがないので寝たい。夢...
05. 休職前半編

寝ること夢を見ることだけが楽しみ

休職が始まると、ただでさえ人との関係性が希薄な僕はさらに人と接しなくなりました。 そうなってくると「明日これをしよう!」とか、「服何を着ようかな?」などということさえ考えなく...
05. 休職前半編

好きな曲が嫌いな曲になっていた話

2019年9月、うつ病のため1ヶ月休養が必要とのことで休職生活が始まりました。 休職が始まってから、プレッシャーから解放されたこと以外はいつもと同じでした。とにかく無圧力下で...
05. 休職前半編

新型うつ病なのかもしれない!と知ったときの失望感

社会人2年目の7月から社内ニートになった僕は、やがて会社に行けなくなり2ヶ月後の9月上旬に約1週間に渡り仮病を使って会社を休みました。 いつまで仮病で休めばいいのか?という不...