実家で過ごし少しずつ元気になっていく休職中期まとめ

少しずつ元気になっていく。実家の福岡と名古屋を行き来したり、公園や図書館に外出したりするようになる。まだ回復までには程遠いけど、確かに前進している気がする時期。

2010年11月中旬から2011年1月始めくらいまでの話のまとめです。

親にうつ病と休職を打ち明けた

堕落しきった日々を過ごすだけで全く状況は変わりませんでしたが、ふと親に電話しました。その時にようやくうつ病と休職をしていることを伝えました。今思うと、電話してよかったです。これをきっかけに実家で休養することとなり、元気になっていくきっかけを掴みました。

>>>うつ病で休職になったことを家族に伝えた話

乗り物酔い始まる

名古屋から福岡へは新幹線で3時間ほどかかります。その実家へ帰る新幹線にて、新幹線の居心地の悪さに気づきました。狭いし、空気は悪いし、夜だと外が見えない。

その結果、乗り物酔いと無縁な僕が乗り物酔いにより嘔吐してしまいました。うつ病とも関係があるのか?わかりません。

>>>帰省の新幹線で嘔吐、乗り物酔いが始まる

親との涙の再会

到着した小倉駅の新幹線改札口で両親と再会しました。しかし、父も母も小さく見えました。一方の僕は見た目だけ大きくなっていました。

その途端に涙が止まらなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

>>>小さくなった両親と大きくなっただけの僕

実家での生活

実家には6匹の猫がいまして、その猫たちに癒された僕は日々元気になっていきました。近所のレストランに外食なんかもするようになりました。

一方で、実家ならではの理由で外出がしにくいという面もありました。

さらに元気になったことで、脳も元気になったみたいで色々なことを考えすぎてしまうようになりました。その結果、ネガティブな方向に考えることが多く悲しくなったり、どう考えてもありえない考えに頼ったりしました。

元気になっていきましたが、年末年始にすごく眠たい日々が続きました。眠たくて眠たくて、正月三が日は15分くらいしか起きていなかったんじゃないかと思うほど寝続けました。正月をすぎると眠たい症状はだんだんとなくなり、それを機に実家を離れて名古屋のアパートをメインに生活するようになりました。

サラリーマン時代全体のまとめページへ

以上が、休職中期にあたる11月と12月、そして1月初めの頃の話です。

少しづつ回復していきましたが、回復したらしたで僕の悪い癖(ネガティブ思考、後回し)が出てきてそれはそれでしんどかったです。

そして、いよいよ会社復帰か、別の道を探すか、休職延長かを決める休職後期へと入っていきました。

>>>【この記事の続き】退職か?復職か?大学院進学を決めたけど不安と期待なうつ病休職後半

>>>【上位カテゴリーへ】社内ニート、うつ病、休職を経験した僕のサラリーマン時代まとめ

06. 休職中盤編

挨拶に来た親戚にも会わずに正月三が日は爆睡!起床時間は15分?

旅日記がメインの僕のブログですが、以前書いていた僕の社会人時代の話シリーズに戻ります(シリーズのまとめ記事は「社内ニートでうつ病になり休職後に退職したサラリーマン時代のブログ」にて...
06. 休職中盤編

夜行バスに乗り遅れサービスエリアに置き去りにされた人を目撃した話

これは僕がうつ病になり休職した際に、福岡の実家を生活の拠点としながらも通院時だけ名古屋に2日ほど戻る生活をしていた頃の話です。 福岡と名古屋の往復は夜行バスを使っていたのです...
06. 休職中盤編

元気になった僕の脳は言葉の裏表を考えすぎて悲しくなる

受験生の頃、僕の国語の成績は最悪でした。特に現代文は苦手でしたので偏差値は30から40くらい。センター試験の現代文の過去問や模擬試験にて全問不正解だったことも複数回あります。 ...
06. 休職中盤編

失敗ばかりするダメ人間として近所で有名になる!?

うつ病休職により実家帰郷中の僕がレストランで昼ごはんを食べるようになってから、必ず見かける人たちがいました。 僕自身がそのレストランへ行くのは平日で、時間はバラついていました...
06. 休職中盤編

ステーキを食べて「食べやすいものしか食べていなかった」と気づく

うつ病による休職で実家に帰った僕は毎日スーパーの食事でしたが、それでも以前より健康的な食生活を送るようになりました。 やがて、外食がしたい!と思うようになり、ステーキを食べた...
06. 休職中盤編

実家での休職は近所の目があるから引きこもってしまう

うつ病で休職して2ヶ月半後に実家に帰省し、実家でのより良い生活環境により、うつ病による意欲の低下は止まり、元気になっていきました。 ただ、実家だと、外出しにくいという欠点があ...
06. 休職中盤編

実家の6匹の猫と過ごしたら少しずつ元気になった話

今まで休職では、約2ヶ月半に渡り名古屋のアパートでひとりぼっちで過ごしてきましたが、その後実家に帰ってからは気分はよくなりました。 我が家には6匹の猫がいたのですが、それは猫...
06. 休職中盤編

帰省の新幹線で嘔吐、乗り物酔いが始まる

前日の夜、親にうつ病であること休職したことを電話しました。その時、母に「帰ってきなさい」と言われたこともあり、翌日帰省することにしました。 名古屋から実家の福岡県北九州市まで...
06. 休職中盤編

小さくなった両親と大きくなっただけの僕

2010年9月にうつ病で休職してから2ヶ月半たち、やっと親にうつ病で休職していることを伝えた僕はようやく実家へ帰省しました。 ここからの2ヶ月くらいの間に(2010年11月末...
06. 休職中盤編

うつ病で休職になったことを家族に伝えた話

2010年7月に社内ニートになり、9月には仮病で連続欠勤、うつ病と診断され1ヶ月の休職となり、9月末に2ヶ月の休職追加が行われ、そのまま9月、10月、11月と家に引きこもる生活を過...