仕事でミス連発!!社内ニートになった2年目のまとめ

このページは、新卒で入社したIT企業の2年目の出来事をまとめたページです。記事一覧ページも兼ねています。

2年目になり新たに頑張ろうと思ったものの失敗ばかりしでかし、気づけば社内ニートになっていました。

客先常駐

僕らしく頑張ろうと決意

正直、入社して1年間たっても、どうやって働いたらいいのか、何を目指して働いているのか、そういうことは一切わかりませんでした。そういうことは自分で決めなきゃいけない訳ですが、僕は自然とわかってくるものだと思っていたみたいです。

2年目になり、別のプロジェクトに移動となった僕は新しい上司や新しい職場の人と新たな人間関係を構築することになりましたが、そこで出会った先輩の目標を聞いて、僕は僕らしく頑張ろうと思いました。

>>>社会人2年目になり僕なりに頑張ろうと思った

ミス連発で外される

頑張ろうと思ったものの僕はミスが多い人でした。そして、僕自身ミスが多いことを知っているので、ミスを減らすためにセルフチェックをするのですが、セルフチェックをしてもミスを発見できない人でもありました。でもミスがあることを知っているので、セルフチェックに時間がかかるのですがミスを発見できない。

その結果、仕事は遅く、にも関わらずミスが多い。当時は客先常駐という形態で仕事をしていましたので、お客さんと関わる機会が多く、僕のミスでお客さんに何度も迷惑をかけました。

そして、同じミスを2度3度、4度5度と繰り返しお客さんを怒らせ、僕はその仕事から外されました。

>>>セルフチェックでもミスに気づけずミスを連発する情けない日々

最後の仕事

わからないことがわからず途方に暮れる

ミスを連発したのち、僕は社内勤務に戻されました。そこで始まったのが、設計書のないシステムの保守作業でした。引き継ぎもイマイチわからないようなわかったような感じで、「何かわからないことある?」と聞かれ、「ありません」と答えましたが・・・。

正直言って、わからないことがわかりませんでした。「こりゃやばいぞ」と心の中で思いながら始まった業務は全然わからず、途方にくれました。

>>>設計書がないシステム保守を担当 わからないことがわからない

時間ばかりが流れるけど成果はゼロ

全然わからない保守業務を担当してから、日々送られてくるお客さんからの問い合わせには全く回答できずにただ時間が流れるだけでした。わからないことだらけのため、この業務の前任者である先輩にメールで色々聞いてみるのですが、このメールのやりとりに苦労し、なかなか業務スピードは改善しません。

気づけば、お客さんからの問い合わせも山ほど貯まり、時間は過ぎていくのに対応した案件数はゼロという日々を過ごします。

>>>何時間、何日間かけても仕事の問い合わせを1人で解決できない!

ひとりぼっちで孤独な日々

ビジネスマンとして情けない日々を過ごしていた僕ですが、「仕事ができない」ことと同時にもう一つ問題を抱えていました。

それは孤独です。社内では誰とも仲良くなく、楽しそうに先輩と話す同期をうらやましく見ていました。一方の僕は1日に一言二言しか言葉を発さないくらい社内で会話をする人なんていませんでした。家に帰ってもやっぱり孤独でした。彼女もいない、友達もいないので、休みの日はどう過ごせばいいのかわからず、ひとりぼっちで過ごしていました。

>>>会社でも家でもひとりぼっちで孤独な社会人生活

ギブアップ!

公私ともに不調な僕ですが、仕事に関しては給料をもらっているのですから、不調などとは言っていられません。一人で保守の仕事を担当して2週間。お客様からの問い合わせには一切対応できず成果はゼロです。このまま放置するわけにはいきませんので、上司に相談しました。

しかし・・・。残念な結果に・・・。とりあえず諦めました。

>>>悪化する状況を上司に相談するも諦めた僕

会社嫌い、仕事嫌い

入社以来、何か相談したり話しかけたりすることさえしんどく不安だったこともあり毎日が不安でしたが、この時期は成果ゼロの毎日だったのでさらに不安な毎日で心休まりませんでした。どうしたらいいのかわからず、悩んで悩んで心臓がえぐり取られてるような痛みを感じるほど胸が痛かったです。

そんな僕でしたので、仕事も会社も嫌で嫌でした。

>>>「仕事したくない」「会社に行きたくない」と強く思う

悩みを相談できない

仕事に関して様々な悩みがありました。会社で話しかけられないこと、時間ばかり使って成果がゼロなこと、この先どうすればいいのかわからないこと。

しかし、僕は誰にも相談をしませんでした。同期に1人だけ相談できそうな関係の人がいましたが、相談しませんでした。なぜ、相談しないのか?僕なりに考えた3つの理由。

>>>悩みを相談できない3つの理由

社内ニートへ

こんな状況でしたので、ついに僕の仕事は他の人がやるようになりました。以前、上司に相談した効果のようです。つまり、僕の仕事はなくなりました。

会社ではネットやボケーっとして時間を潰し、家ではそんな現実から逃げるために酒をたらふく飲み、「明日、大災害が起きて全てリセットされないかなぁ」などと考えるだけ。そんな感じで7月も8月も過ぎて行きました。

>>>社会人2年目なのに社内ニートになった話

命を否定される

社内ニートになってから、とにかく会社にいることが嫌でした。そして、何かを変えようと思う気力もわきませんでした。毎日会社にきてパソコンの前に座るだけの日々を過ごし、定時になった瞬間に音もなく退社するようになりました。

そんなある日の定時後、若手社員による自主的な勉強会が行われるとのことを直前で知らされましたが、もう会社にはいたくないという気持ちや家に帰れればどうなっても構わないという思いから参加せずに帰りました。

その際に、先輩社員から暴言を吐かれ、すべてのものがグニャグニャと壊れてトイレへ避難しました。

>>>会社で暴言を吐かれたのは僕の甘えのせい

誰も理解してくれない

今の状況を誰かに相談したい!助けてほしい!と思い、親に相談しました。今まで親に心配をかけたくなかったので悩みの相談なんてしませんでしたが、相談できるのが親だけだったのでそうしました。

しかし、残念ながら親は理解してくれませんでした。社会人はみんな辛いのです。僕くらいで悩んでいる奴は人間失格なのです。でも、僕はもう働き続けられそうにありません。僕はまさに打たれ弱い現代っ子だったのです。

>>>仕事の悩みを親に相談するも理解されなかった話

サラリーマン時代全体のまとめページへ

以上が、2年目のサラリーマンが社内ニートになってしまった話の概要です。

その後、もちろん会社に行けなくなります。仮病を何度も使って何日も休んだり・・・。

>>>【この記事の続き】会社に行きたくない・・・連日の仮病欠勤編のまとめ

>>>【上位カテゴリーへ】社内ニート、うつ病、休職を経験した僕のサラリーマン時代まとめ

 

03. 社内ニート編

仕事の悩みを親に相談するも理解されなかった話

社会人2年目の7月。実力不足で、わからないことがわからず仕事に行き詰まり、毎日働いても成果はゼロ、気づけば社内ニートに、そして社内では孤独で、プライベートも孤独、会社の人から暴言を...
03. 社内ニート編

会社で暴言を吐かれたのは僕の甘えのせい

相変わらず面白くない僕の過去の話が続きます。他人の過去の話ほどつまらない話はないと思いますが、書くこともないので書き続けます。 社会人二年目の7月と8月は、業務に関して八方塞...
03. 社内ニート編

社会人2年目なのに社内ニートになった話

社会人2年目の7月中旬以降の僕は全く仕事をしない人になりました。 担当した保守業務では、設計書がなく、僕のスキルもなく、お客さんからの問い合わせに全く回答できず、時間をかけて...
03. 社内ニート編

悩みを相談できない3つの理由

僕は、なかなか会社の人と打ち解けられず、結局は会社の人は「会社の人」という認識で、プライベートで会社の人と時間を過ごすことは皆無でした。配属してすぐに行われた新人歓迎会を兼ねたBB...
03. 社内ニート編

「仕事したくない」「会社に行きたくない」と強く思う

2010年7月から担当した保守業務では、設計書がないことや自分自身に実力がないことが原因で、仕事は一切進まず、成果はゼロのような状態、毎日会社に来ているだけと言っても過言でない状況...
03. 社内ニート編

悪化する状況を上司に相談するも諦めた僕

設計書のないシステム保守の業務を担当した僕は、全く成果がありませんでした。仕事をしているけど、全く成果がない日々。 設計書がないこと、身近にわからないことを聞ける人がおらずメ...
03. 社内ニート編

会社でも家でもひとりぼっちで孤独な社会人生活

担当したシステム保守の業務は、設計書がなく、引き継ぎもイマイチで、僕自身に実力がなく、1人ではお客さんからの不具合やバグ報告に対応できない状況に陥っていました。 前任者的な存...
03. 社内ニート編

何時間、何日間かけても仕事の問い合わせを1人で解決できない!

社会人2年目の7月、設計書がないシステムの保守を担当することになった僕ですが、大雑把な引き継ぎを受けて「わかったと言えばわかった」でも「わからないことがわからない」ことから、一抹の...
03. 社内ニート編

設計書がないシステム保守を担当 わからないことがわからない

前回働いていた商社系のシステム会社での仕事は9月まではいられるはずでしたが、ミス多発で迷惑をかけっぱなしで、結局6月いっぱいではじき出されました。 はじき出された僕は7月から...
03. 社内ニート編

セルフチェックでもミスに気づけずミスを連発する情けない日々

先輩や上司と一緒にランチを食べたり、いいアドバイスをもらったりと仕事環境は良かった一方で、この頃の僕は注意力がなくなっていたのか、ゴールデンウィーク明けくらいから、だんだんミスが多...
03. 社内ニート編

社会人2年目になり僕らしく頑張ろうと思った

ダメダメな社会人1年目を終えた僕は社会人2年目となり、そのタイミングで別のグループのプロジェクトへ移動し客先常駐となりました。お客さんによると、上半期の4月から9月まで僕はここで働...