中部国際空港の国内線は羽田や伊丹とひと味違う!セントレアエアラインラウンジの衝撃など JAL3115便で行く新千歳

北海道の札幌に旅行で行ったのですが、その際に初めて中部国際空港の国内線を使い新千歳空港まで行きました。中部国際空港にも、JALの上級会員用の優先レーンやラウンジが用意されているのですが、羽田や伊丹と比べると大々的ではなく、JGCカウンターは隅っこに1つ、保安検査場は優先レーンがない、ラウンジが共用で狭いなどなど、ちょっと変わった空港だなと感じながら、新千歳へ向かいました。

スポンサーリンク

中部国際空港への鉄道アクセスは名鉄しかありません

名鉄の金山駅から中部国際空港へ

上の写真は金山駅にて撮影したものです。実は最近名古屋に引っ越したので、伊丹ベースではなくなりました。なので、金山駅から中部国際空港へ向かいます。

「特急 一般車両」の意味がわかりませんが、「特急 一般車両」なら乗車券で乗れます。特急料金は不要です。

関空だとJRか、南海かを選べますが、中部国際空港へは名鉄しか通ってません。もちろんバスとかはあります。でも、名鉄の方が安いです。

40分くらい?乗っていると中部国際空港が見えてきました。

名鉄から見える中部国際空港

中部国際空港を利用するのは、JALが2016年に行なっていた名古屋-バンコクビジネスクラスFOP2倍キャンペーン以来です。それ以前にも名古屋に住んでいた時期とか、名古屋から安い運賃の航空券があった時など中部国際空港を利用したことはあります。

でも、今回は国内線の利用なので、国内線は初めての利用となります。

駅と中部国際空港を結ぶ動く歩道は遅すぎない?

駅に到着して空港へのアクセス通路方面の写真を一枚撮影。

中部国際空港の駅ビル

とりあえず、国内線出発と書かれた矢印に従って、国内線チェックインカウンターを目指しますが、空港内に掲載されている広告の方が誘導より目立っていてわかりにくい気がします。

下の写真は、駅部分から空港部分を繋ぐ動く歩道なのですが、この歩道の動くスピードはめちゃくちゃ遅いです。

中部国際空港の遅い歩く歩道

動く歩道の上を歩くことを前提に設定されたとしか思えないほどの遅さです。急いでいる人は、写真右に見える普通の通路を歩いた方が早いです。

動く歩道を終えると、空港部分に到着です。

中部国際空港の出発フロア

右に行けば国内線出発。左に行くと国際線出発です。中部国際空港では国内線と国際線は同じフロアにあり、左右に別れているだけなのです。

中部国際空港のNカウンターがJ国内線ALです

上の写真のNがJALのカウンターになります。

羽田や伊丹と比べると一味違う中部国際空港の上級会員向け優先サービス

空港に到着するまでは他の空港と大した違いもなかったのですが、空港到着以降は中部国際空港の羽田や伊丹との違いを感じました。

中部国際空港には、羽田や伊丹みたいなJGCカウンターがない

空港に到着したらすることと言えば、チェックインです。チェックインカウンターに行って、搭乗券を発券したり、荷物を預けたりすると思います。

JGCの場合はJGCカウンターという専用のカウンターが用意されていますので、中部国際空港でもそうしましょう。

って、どこにJGCカウンターがあるのやら・・・。

中部国際空港の国内線、JALカウンター

近づいてみると・・・。

中部国際空港のJGCカウンター

一番手前にあることはあったのですが、伊丹や羽田のような専用カウンターという雰囲気はなく、窓口の一つをJGC用にしているくらいの質素な感じでした。

羽田だと下の写真は羽田空港国内線のJGCカウンターですが、JGCカウンターの重厚な雰囲気なのがわかります。(画像悪くて伝わりにくいですね。ごめんなさい。)

中部国際空港には、保安検査場に上級会員優先レーンがない

チェックインしたので、保安検査場です。保安検査場内は撮影禁止なので、撮影しないように気をつけましょう。

中部国際空港、国内線の保安検査場

ここに関しても中部国際空港は他の空港とは違います。何が違うかと言うと、優先レーンが存在しないことです。

羽田、伊丹、福岡、那覇では優先レーンは当たり前のようにあります。でも、中部国際空港にはそれがありません。

普段、優先レーンに慣れていると、優先レーンがない空港では、他の乗客の段取りの悪さとかにイライラしてしまうこともあります。

中部国際空港では、ANA上級会員もJAL上級会員も同じラウンジに案内される

保安検査を終えて制限エリアに入ってくれば、行くところはここしかありません。

中部国際空港のエアラインラウンジ、JGCとSFCもこのラウンジへ案内される

セントレアエアラインラウンジです。

このエアラインラウンジは他の空港と違います。その一つが入口のこれ!

中部セントレアのエアラインラウンジの入室条件

見て分かる通り、JALの会員とANAの会員のどっちもが使うラウンジになっています。

使用の条件は他の空港と同じです。ANA陣営を使う場合はスターアライアンスゴール以上、JAL陣営を使う場合はワンワールドサファイア以上のステータスが必要です。

僕は、JGCサファイアというJALグローバルクラブの資格を持っているので、本人+1名入室できますので、JMB平会員の嫁も一緒に入室しました。

中部国際空港では、ANA/JAL上級会員が案内されるセントレアエアラインラウンジが狭すぎる

セントレアエアラインラウンジで一杯

このラウンジの評判は、様々な方がレビューしていますが、本当に、このラウンジはとても狭くて、僕は今まで伊丹のサクララウンジが一番ひどいラウンジだと思っていましたが、中部国際空港のエアラインラウンジの方がひどかったです。

東京、大阪の次の都市!名古屋ですよ!でも、ラウンジのがっかり感はすごいです。

どんな感じなのかをJALのホームページからもってくると・・・。

(引用元:https://www.jal.co.jp/dom/service/lounge/ngo/img/pic_lounge_01.jpg)

写真に見えている範囲がこのラウンジの全景だと思っていいです。これだけなのです。これが日本の大都市・名古屋の空港のラウンジだとは・・・。何度も言いますが、がっかりです。

中部国際空港では、優先搭乗利用者が少ない!?

ラウンジが狭いとは言え、ラウンジに滞在するのが、貧乏マイラーのさがです。とは言っても、外の空港の景色の方が良い場合が多いので、しばらくして退室しました。写真は退室直後の一枚。

中部国際空港、国内線の様子

僕の記憶では国際線側はほぼこれと同じで対称に作られています。この写真に写っているスロープも、国際線には全く同様に存在していると思います。

そんな中、僕を新千歳まで運んでくれるJAL機を発見!

中部国際空港発、伊丹行きのJAL機

搭乗まで、中部国際空港の雰囲気を感じながら、待ちました。新しい空港っていいですよね〜。

で、優先搭乗なんですけど・・・

中部セントレア、搭乗開始時刻

16時30分に搭乗が開始され、その後の優先搭乗で搭乗したのですが、優先搭乗した人は7名ほど・・・。

えぇぇぇ〜!!伊丹なら100名超えなのに。

この日は平日だったんですけど、名古屋は東京-大阪のような劇混み区間がないのかもしれません。(だから、セントレアエアラインラウンジは狭かったのね。)

中部国際空港から新千歳へ向かうJALの搭乗の写真

ということで、僕も優先搭乗で機内に乗り込みます(上の写真)。機内に入る瞬間はワクワクします。でも、一番ワクワクするのは空港に着く直前かな。

JALの中部国際空港発、新千歳行きの座席

今回の座席は上の写真のこちら。30Bが僕、30Cが嫁です。非常口が空いていたのですが、僕は座席指定できたのですが、嫁はJMB平会員なので座席指定できませんでした。それに日本語の問題もあるので、非常口は遠慮しました。

下の写真は、優先搭乗なので誰もいない機内です。

JALの新千歳行きの機内の様子、優先搭乗後

優先搭乗をする人たちは前の方に座るというのは正解だと思います。

1,2分後にはこんな感じに・・・。

JALの機内混雑の様子、中部国際空港

混雑の真っ最中です・・・。いやー。お疲れ様です。こういう時、SFCやJGCを取得したことを実感できます。伊丹ではこんなこと体験できません!

(でも、飛行中は他の乗客と同じ扱いなので、この優先搭乗という制度は、誰もいない機内に入ることが好きな人に向いた制度です。)

JAL3115便で行く新千歳の機内から到着までの様子

中部セントレア、管制塔、出発間際のJAL

お決まりの、窓からウィングレットを撮影した写真。管制塔とANA機も見えます。 いつもながら、それ以上の情報がない写真です。

ANAは今後乗ることが少ないかなと思います。JALが就航していない都市に行く必要があれば、ANAを使いますが。 もしANAしか就航していない都市で働くことになったらどうしようかと不安です。神戸?佐賀?それくらいに、国内線に関してはJALの方が圧倒的に上です。

そんな心配をよそに、僕の乗ったJAL機は離陸し、名古屋上空らしい場所を飛んでいます。

JALから見える名古屋市街地?いや、愛知県!

その後、高度を上げ続け、雲の上に出たあたりで水平飛行へ。

中部国際空港発、JAL千歳行きの窓から見える風景

上の写真はかなり明るいですが、それはカメラのおかげで、実際には真っ暗でした。 そんな感じで、あっという間に新千歳に近づきました(下の写真)。

中部国際空港発、JAL千歳行きの窓から新千歳到着間際

いよいよ、初北海道に上陸です!とか思っていたら、機内が突然こんな感じに・・・。

JAL機内なのに、ANAカラーに

えっ!?ANAカラー!?

そんな僕の動揺をほったらして、僕の乗った JAL機は新千歳空港に到着しました。

新千歳空港に到着したJAL便

11番スポットだそうです。そう言われても、新千歳空港マニアじゃないのでどこなのかわかりませんが、言われないより言われた方が嬉しい!

という訳で・・・。

お疲れ様。JALで中部国際空港から新千歳まで連れて行ってくれたJAL便

新千歳までお疲れ様でしたという気持ちで撮影した、僕たちを名古屋から新千歳まで運んでくれたJAL機です。

北海道料理が、僕を待っている!?のかどうかは知りませんが、楽しみたいと思います。

おしまい。