姫路城見学ルートの4つの見どころを紹介!所要時間、大天守閣での注意など

国宝、そして世界遺産でもある姫路城に行ってきました。大天守での注意事項や個人的に思っている4つの姫路城大天守閣に関する見どころなどの話です。姫路城に行くなら、この記事で紹介する4つのポイントを押さえてほしいです。

スポンサーリンク

一つ目の見どころはJR姫路駅(新幹線)からの景色

姫路市以外や兵庫県外から姫路城へ行く方法としては、新幹線で姫路駅へ行く方法が普通だと思います。

僕も新幹線で姫路駅に到着しました。

姫路駅新幹線プラットフォーム

姫路駅の新幹線構内にある姫路城模型

プラットフォームを降りて、改札機のある階に行くと待合ゾーンに姫路城の模型があったのですが・・・。

姫路駅の新幹線ゾーンにあった模型

多くの人がこの模型の写真を撮っていました。

すぐ近くに本物の遥かに大きい姫路城があるのに、小さな模型をパシャパシャと撮影していて「人って変な行動をするんだなぁ」と思いました。

僕もこの模型を写真に撮った一人なので、他の人のこと言えませんが・・・。

新幹線の姫路駅から姫路城がまっすぐ見える!

そんな姫路駅ですが、すごいポイントがあるのです。

それが、姫路駅の新幹線プラットフォームから見えるこちらの景色・・・。

姫路城の新幹線から見える姫路城

写真だと見えにくいですが、姫路駅の新幹線プラットフォームから、姫路城が見えるのです!(写真中央に見えるかすかな建物が姫路城の大天守閣)

姫路駅から姫路城への行き方

姫路駅を出ると、まっすぐ先に姫路城が見えます。

姫路駅から見える姫路城

姫路城に行くにはバスで行くのが便利かなと思いますが、そのバス乗り場が駅を出て左手にがあります。

姫路駅前バス乗り場

6番が姫路城へ行くループバスのバス停です。

他のバス停からも姫路城を通るバスが出ているそうですが、よくわかりませんでした。

姫路城ループバス

ループバスは、大人100円、子ども50円。

「姫路城大手門前」下車です。

ただ、基本的には30分に1本くらい。土日祝日の10時~15時だと毎時4本くらい。

余裕があるならば歩いて良いかと思います。20分くらいで姫路城に到着します。

姫路城大手門から入城まで

姫路城に到着すると最初に入るのがこちらの大手門です。

(大手門は後日アップロード予定)

この大手門は入り口ですが、この入り口で入城料を払うわけではありません。

姫路城には有料エリアと無料エリアがある

姫路城は、有料エリアと無料エリアに分かれています。

無料エリアは、大手門から三の丸広場と呼ばれる広場部分で、下の写真に写っている広場です。

(画像元:http://www.city.himeji.lg.jp/var/rev0/0103/0496/2015326181246.jpg

姫路城の大天守に登る必要性を感じない人はここで記念撮影するだけでも十分なのではないかと思います。

天守に登りたい!という方や、もっと近くで石垣とか塀を見たい!という方は、入城券を購入して有料ゾーンに入ることをオススメします。

姫路城の入城料は1,000円

姫路城の入り口にて入城券の販売が行われています。

券売機と友人窓口にて販売されています。

姫路城の券売機

有人窓口でも券売機でも同じものが販売されていますが、券売機の方が人が少なかったので、券売機で入城券を購入しました。

姫路城の入城料は1,000円。

姫路城の2つの見学ルート

というわけで、ついに姫路城の有料エリアに入りました。

姫路城 菱の門

上の写真は、入城後にすぐに見える菱の門(左手)です。

ところで、姫路城の見学ルートは下の図に示したように2つあります。

姫路城の見学ルート

  • 天守直行ルート
    → ほとんどの人が天守直行ルートのみを観光します。
  • 西の丸ルート
    → 一部の人は天守直行ルートの後に、この西の丸ルートを観光します。

今回、僕は後者の天守直行ルート+西の丸ルートを選択しました。

天守直行ルートの天守までの道のり

門と経路、門と経路というのが続きます。

姫路城の「はの門」

こちらは「はの門」。

姫路城の経路の様子

上の写真は、「はの門」と「にの門」の間の経路です。

姫路城の「ほの門」

この狭い門は「ほの門」。

姫路城の「水の五門」

そして、これが姫路城大天守の入り口にあたる「水の五門」。

ついに大天守へ入りました。

二つ目の見どころは姫路城大天守閣からの景色!

いよいよ姫路城大天守閣に入城です。大天守では気をつけるべきことがいくつかあるので紹介しながら、大天守閣の様子をリポートします。

大天守閣は土足厳禁

姫路城の大天守は土足厳禁

天守内部は土足禁止です。ここで靴を脱いで、貸し出しされているビニール袋に靴を入れて持ち歩きながら大天守を歩かなければなりません。

つまり「ウォーキングシューズを履いているから、大天守の階段も大丈夫!」と言うわけには行きません。

体力に自信のない方は、靴なしで歩ける体力をつけてから姫路城大天守に挑戦することをオススメします。

姫路城大天守閣は上の階になるほど混雑する

天守内はどこも同じような景色です。

姫路城大天守の内部の様子

階によって何が違うのかというと・・・。

姫路城の大天守の地図

上の階に進むにつれて狭くなってきます。

姫路城の大天守の混雑

上の階に進むにつれて混雑してきます。

僕の時は、4階から5階に登ろうと思ったところで、5階に上がることが制限され、階段の前で2,3分ほど待ちました。5階から最上階へは待ち時間なしで上がることができました。

姫路城の大天守閣の階段はとても急

さらに、階段が厄介です。

姫路城の大天守の階段は急

写真じゃわかりにくいですが、めちゃくちゃ急な階段です。

途中で、高齢者の方が諦めて帰っている場面にも遭遇しました。それくらいに急なのです。

これ以上階段を登るのは無理!という時、やっと最上階に到達しました。

姫路城の大天守の最上階の

最上階が一番混雑していました。特に、みんな窓から外の景色を撮影しようと群がるので、体感的にはこの写真以上に混雑を感じました。

大天守からの景色

その混雑の中撮影したのがこれらの写真です。

姫路城の大天守からの景色

大通りの延長上に姫路駅があります。姫路駅とコラボできてる姫路城。いや逆かもしれませんが、姫路駅から姫路城が見えるJR姫路駅は、他の地方都市からすれば、本当にうらやましい存在だと思います。

そんな最上階ですが、最上階滞在時間わずか5分で退散です。だって、混雑がすごいですもん・・・。

しかし、登りよりも大変なものが待っていました。それが・・・。

下りの階段です。

感覚的にほぼ垂直です。足を滑らせてしまったら、下を歩いている人たちを巻き込みながら落ちて行くことになるほどの急な階段です。

僕は、高所恐怖症なので、とにかく怖かったです。

このような階段をひたすら下って、ようやく出口に到着です。

姫路城の大天守の出口

靴を履いて、天守を出て行きます。

三つ目の見どころは備前丸からの景色

天守を出て行くと、たどり着くのがこちらです。

姫路城の備前丸

備前丸と呼ばれている場所で、オープンスペースになっています。

さきほどの天守からの景色もよかったですが、個人的には備前丸からの景色も良い景色だと思いました。

姫路城の備前丸からの景色(姫路駅側)

このような姫路駅方面の景色もいいのですが、備前丸から見えるもっといい景色がこちら!

姫路城の備前丸から見た大天守

堂々たる姫路城の大天守閣を感じられるのは備前丸だけだと思います!

ということで、備前丸を後にします。

天守直行ルートの天守後の道のり

備前丸を出ようと思うとこの門が待っています。

姫路城の備前門

備前門です。こん写真を見ると、全ての人が必ずしも見学ルートに従っているわけではなく、僕が先ほど紹介した見学ルートとは逆向きに歩いている人もいるようです。

そして、次に待っているのが、こちら。

姫路城の「備前門」と「りの門」の間の経路

「りの門」へ繋がる経路です。

ということは、次は「りの門」です。

姫路城の「りの門」

りの門を通過すると、二の丸です。

ここには色々見るべきポイントが用意されていますが、個人的にはあまり興味がないのでスキップです。

なので、次の門へ。

姫路城のぬの門

ぬの門を通過すると見えてくるのが、こちら・・・。

姫路城の天守直行ルートの最後の部分

天守に行く際に利用した経路と合流します。

そのまま、出口に向かってもいいのですが、西の丸ルートにもう一つ見どころがあるので、そちらにも行きましょう。

四つ目の見どころは西の丸からの景色

もう一つの見どころが西の丸からの景色です。

その景色がこちら!

姫路城の西の丸から大天守を見た景色

おお!写真で見たことある姫路城じゃないですか?

もう一枚紹介。

姫路城の西の丸から大天守を見た景色が一番

姫路城観光の所要時間は1時間くらい

今回、直行ルート+西の丸ルートを歩いて姫路城観光を実施しました。

その所要時間は1時間程度です。

西の丸の方はただ歩いただけなので、しっかり観光すれば90分くらいはかかるのではないかと思います。

具体的な時間は以下のような感じ・・・。

  • 13:10 姫路城有料エリア入城
  • 13:23 大天守閣に入る
  • 13:37 大天守閣最上階から姫路市を眺める
  • 13:37 大天守閣を出る
  • 14:00 天守直行ルートを歩き終える
  • 14:11 西の丸から姫路城大天守閣の写真を撮影する
  • 14:15 姫路城有料エリアを出る

正確には65分かかっています。

まとめ

姫路城の大天守閣に行くなら体力が必要です。

100kg、165cm、30代の僕はなんとかクリアできました。

でも、ギリギリだと思います。

なぜなら、姫路城観光で終わりじゃないんです。

姫路城を出て、大手門まで歩き、そこから姫路駅までの道のりが待っているのです。

僕は歩けましたが、僕が5歳歳をとっていたら・・・、タクシーを使ったと思います。

そんな姫路城観光でした。

おしまい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク